FC2ブログ

Raspberry Leaf~妊婦の友人へ

2005/03/01 Tue 05:03

rasptea022805.50.jpg>


昨日、久しぶりにブランチに、友人と出かけました。夫抜きのガールズ・トークをして、今日は気分爽快です。さてさてその友人、来月に出産を控える妊婦さん。大きいお腹を重そうにしていたけれど、静かな幸せ感がもう全身から伝わってくる感じ。ちょっと、羨ましくなってしまいました。

久しぶりに会うので、なにか妊婦さんにふさわしい贈り物をしたいなと思って用意したのが、上の写真のプレゼント、ラズベリー・リーフです。このハーブは"安産のハーブ"ということなので、これに決めました。庭のラズベリー・リーフから作ったものとも思ったのですが、お子さんを産む大切な体、それではダメだと、Certified Organicのものを買ってきて瓶に詰め、ハーブの効用をラベルにして添えてみました。

rasptea3022805.jpg



さてなぜラズベリー・リーフが"安産のハーブ"なのかというと、リーフの中に含まれている成分に筋肉の調整や収斂効果があって、分娩中の出血を少なくするそうです。また分娩をらくにさせ、時間を短縮する効果もあるそうです。このラズベリー・リーフでお茶お入れて、1日2~3回飲みます。お茶の入れ方としては、30gほどを500mlのお湯を注ぎ、15分ほどおくとよいかもしれません。

ラズベリー・リーフですが、妊娠初期は子宮を収縮させてしまうので控えないといけないハーブです。効果をいかすためには、お産の2~3週間ほど前から飲むとよいそうです。

その上にこのハーブは、なんと母乳の栄養価も高める分泌を促してくれます。この他に、フィネル、ディル、アニス・シードのハーブ・ティも母乳の栄養価を高める効果がありますので、上手くブレンドすると、好みのお茶が楽しめるかもしれません。

妊婦さんでなくても、生理痛を軽くしたり、PMSにも一役買ってくれます。女性の見方のハーブというわけですね。

いくつもの病院で、妊娠中や分娩時の妊婦の負担を少なくするために、エッセンシャル・オイルを使うアロマテラピーが取り入れられています。使用されているオイルは例えば、カモミール、クレイ・セージ、ユーカリ、ジャスミン、ラベンダー、レモン、マンダリン、ペパーミントなどで、妊娠のステージにより使い分けられ、ブレンドされているそうです。自然の香りの力は、すごいのですね。


+++++++ NOTE +++++++
※ハーブはいろいろなすばらしい効果があるけれど、やぶからぼうに使用してはいけないことをご存知の方も多いのではないかと思います。ハーブから取れるエッセンシャル・オイルもそうですね。体の状態によっては、使用してはいけないハーブはたくさんあるので、特に病気のときや妊娠中は注意してくださいね。berry-berryの中で書いているハーブの効用も、あくまでも参考までになさってください。ハーブを使用する前に、かかりつけのお医者様に相談してみて、不安なく自然の力を試してみてください。


今日も読んで頂いて、ありがとうございました。
クリックひとつ、いつも応援ありがとうございます!さっ明日も頑張ろうっと。20050301155237.gif



===トラックバックさせていただいています===
・ 妊婦りゃあちゃんとぼくちゃん 猫にイチゴ
・ 蛹化の女~むしのおんな~
・ なちゅらるdays
[ガーデン] berry-berryのベリーたち | コメント(6) | トラックバック(1)
…実はまだ、植え替えていないのです。
bluberry021905.50.jpg

すでに3日ほど経過してしまいました。今週末は必ず、植え替えます。

というのは、夫は職業柄(ランドスケープ・アーキテクト=日本語だと環境建築家?なんか違う気がする)、好きな場所に植えればよいよといいながら、いつもあとから何か言うので、アドバイスを仰いでからとたくらんでいるのです。

「ランドスケープの専門家。あら、それならお庭は素敵なんでしょ?」とよく言われますが、まったくです。彼の仲間のお宅にお邪魔しても、だいたいみんな"それほど"ではありません。彼らの扱うスケールと、自分の庭では性質が違うのかもしれませんが…。そういえば彼らはなぜだかほぼ確実に、毎年花を咲かせる植物や木を植えています。きちんと聞いたことはありませんが、1年で終わってしまうものはダメらしいのです。ワン・シーズンで終わってしまう花にも好きなものはありますが、まぁ確かに、毎年たのしめるものの方が季節を感じられてよいかなと、最近思うようになりました。

さてさて、ブルーベリー。ちょっと調べていたら、ブルーベリーといってもかなりの種類があるらしいことを発見。ブルーベリーは、Evergreen blueberry、Mountain blueberry、Dryland blueberry、Rabbiteye blueberry、Highbush blueberry、Lowbush blueberryの6種類。それらが交配されて、たくさんの品種が存在しています。あるサイトでは、244品種も紹介されていたよ!ビックリです。それぞれに特色があって、酸味が強かったり、甘味が強かったり、大粒だったり、小粒だったりとしているようです。ご興味がある方は、いつものことながらサーチしてみてください。

英名: Blueberry
科: ツツジ
属: スノキ
節: サイノコカス
原産地: アメリカ合衆国
高さ: (品種により異なる)
開花: 3月下旬から4月下旬
収穫期: 6月下旬から9月下旬(品種により異なる)

我が家のブルーべりは、Darrow(ダロウ)という種類でした。さっき写真を撮ったときに知りました。
特徴:
 ● Northern Highbush Blueberry
 ● (Whareham x Pioneer)とBluecropの交配種で1965年に作られた
 ● 樹勢は強く高さ5~6フィート
 ● 実は偏円形で大粒 (One of the LARGEST!)
 ● 実の色は明るいブルーで酸味がある
 ● 皮はやわらかく生食・加工向き

なんと!大粒で生で食べるのに向いている。これが一番嬉しい!ラズベリーに引き続き、庭でぱくぱくできるかと思うと、今から楽しみです。そして、ラズベリーより長い期間収穫できそうなので、これも嬉しい限りです。酸性の用土で、水を十分に与え、十分な日当たりを確保することが重要なようなので、頑張ってみることにします。きっと水をあげることぐらいしか、しないような気もするけれど…。

+++++++++++++++++++++++++++++++++


今日も読んで頂いて、ありがとうございました。
クリックひとつ、いつも応援ありがとうございます!さっ明日も頑張ろうっと。20050301155237.gif


[ガーデン] berry-berryのベリーたち | コメント(2) | トラックバック(1)
わたしの住むここは、ベリー類がよく採れる(育つ)場所です。ブラックベリー、ラズベリー、ストロベリー、クランベリー、ボイズンベリーなどなど。ブラックベリーはそこらじゅうで見かけます。でもあのトゲ(トゲなし種もあるらしい)がどうも好きになれないし、ほっておくとどんどん広がっていってしまいます。我が家の庭にもありましたが、こちらは全部取り除いてしまいました。試したことはありませんが、オレゴンケインベリーダイエットなどというのも有名なようですね。

さて我が家で育てているのは、ラズベリーとストロベリー(苺)、そして昨日加わったブルーベリーです。うっかりしていると2匹の犬たちが、わたしたちが楽しむ前に食べてしまうので困ってしまいます。ラズベリーはもちろんのこと、昨年から加わった苺なんて、まずはじめに実った苺「今日が食べごろあとでつまもう」とひとりごとを言った瞬間パクリとやられ、目の前から消えてしまいました。なんてことか…。

英名: Raspberry
科: バラ
属: キイチゴ
原産地: ヨーロッパ、北アメリカ
高さ: 1~2m
開花: 4月~6月
収穫期: 6月~8月(実がつき始めたら、収穫できる時期は短いです)
20050217133951.jpg


これは昨年の、ラズベリーです。つまんで口の中にほうり込むのが一番すきなのですが、ジャム、パイ、スコーンなども作ります。ジャムはよ~く水分を飛ばすと、フルーツロールのような味になるので、これをそのまま食べるのも好きです。食べきれない分は、冷凍してしまえばずっと楽しめます。

ラズベリーを育てるのは、とても簡単。というか、何もせずに育ってくれます。家では、半日影の場所で育てています。水も夏場は必要になりますが、その他の季節はあげたことがありません。冬場に枯れた枝を切っておくと、春には新しい芽がすくすく育ってくれます。鉢植えでも育てられるようですが、スペースがあればやっぱりお庭に植えたほうがよいですね。そうしないとたくさん食べれない、というのが理由です。でもほおっておくと、広がりすぎて困ったことになるかもしれません。

挿し木、取り木、株分けなどで繁殖できます。我が家のラズベリーは、株分けでやってきました。早春に株分けするのがよいようなので、お友達のお宅にラズベリーがあるようなら、今からお願いすれば間に合いますよ!

インターネットなどでも、土は、肥料は、とたくさんの情報が入手できます。専門的な知識が必要な方は、そちらを参考にください。なんて無責任なんでしょう。でも家を見ている限りは、ほっておいてもきちんと育っておいしい実をつけてくれる簡単ベリーという感じです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++


今日も読んで頂いて、ありがとうございました。
クリックひとつ、いつも応援ありがとうございます!さっ明日も頑張ろうっと。20050301155237.gif

[ガーデン] berry-berryのベリーたち | コメント(3) | トラックバック(0)
« Prev | HOME |