スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
tsukemono061505.50.jpg


さぁ、マスタード・オオサカ・ムラサキ漬の第二作目の登場。桜の塩漬をプラスしただけだから、あまりかわり映えはしないんだけれど、桜のおかげでなんだか日本っぽいなぁとひとり思っているのですが、いかがでしょう?古漬け感も出たので、酸っぱさがましていて、お酒のおつまみなどにいかがですかと言ってしまいそう。お茶漬けにしてもいけるかな。

満足の一品なんだけれど、そろそろマスタード・オオサカ・ムラサキも飽きてきました。もう少し、目先の変わったもができないんだろうか。茎の下のほうから根っこを残して収穫しているので、新しい葉っぱが育ちはじめてしまっています。家だけでは食べきれないけれど、お裾分けするお宅もないので、困ったものです。この調子で食べつづけていると、来年はもういらないということになってしまうかもしれない。

そして、もういらないで、もうひとつお話です。家には立派な立派な栗の木があります。そして美味しい大きな実をたくさんつけてくれるんです。栗ご飯が思う存分たべられるんだけれど、これももういらないのひとつ。喜んだのは、最初の年のみ。栗はおいしいから大好きという人は、多いのではないですか?ところがどっこいなんですね。

まず花がつくわけですが、この香りがたまらなく嬉しくない匂い。次に、それが散るから、かき集める。実がつき始める。収穫。そして同時に、謎のアジア人たちの攻撃。これは、どこからやってきたの?というほどの人たちが、人の家の栗なのに縄張り争いをしながら、毎朝、毎昼、毎晩やってきては、実だけをとっていきます。そして、イガイガを集めて捨てるのは、わたし達の仕事。そして痛い!葉っぱが散る。かき集めて捨てる。という1年の周期が、たまらなく気に入らないのです!

もうやめて~というのが、アジア人攻撃なのですが、これはこのあたりの栗の木があるお宅ではどこでもそうみたいで、『立ち入り禁止』のたて看板をたてているところもあるくらい。「家の敷地の中に入らないで」といっても、「イガイガごと持っていって」といっても、英語がわからないふりをするし、人の姿を発見するとすぅーっと姿をくらましてしまうので、手におえません。

ごめんなさい。漬物の話から、愚痴になってしまいました。今ちょうど、花をつけているところで、また嫌な季節がやってきたと思ったらつい。〆が悪くて、せっかくの漬物の後味が悪いのですね。いや、漬物は美味しいのです...。
         jump2.gif
     20050301155237.gif
今日も読んでいただいて、ありがとうございました。
ポチッと応援してくださると、嬉しいです!~さっ、また頑張ろうっと!

スポンサーサイト
[たべもの] おかず | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
おつまみに
おつまみに最高そうで・・・。
でも、栗の話は怒り爆発ですね。
栗はやはりアジア人が好んで食べるのでしょうか。
でも、ルールは守ってもらわないとね・・。
漬物
M.O.M漬け(かってに略させていただきました)美味しそう。サクラの花の塩漬けも自家製ですか?御飯が進みそうですね。ご近所なら葉っぱを頂に参上しますが、残念ながら遠すぎました。ゆがいて冷凍というのはダメですか?
栗の実はうらやましいですけれど、なぞのアジア人襲来には悩む事だと思います。せめていきれいに片付けてくれないと困りますね。以前私は公園の栗など拾って秋には一度だけモンブランを作ることに決めていましたが、ここ2,3年忙しかったので(歳だ。。という声もある)出来ませんでした。
今年は出来るかな?栗が沢山植わっているところがあるのですが、そこにはトルコ人が沢山集まります。彼らも好きみたい。
古漬け♪
この間のチャーハンも美味しそうでしたけど、酸っぱさが出てきたお漬物も美味しそうですね。しかも桜入り♪色が綺麗です!

栗木…お花はどんな匂いなんですかね…そういえば嗅いだことがありませんが、う~ん。しかもその謎のアジア人も困り者ですね(ーー;)勝手に人の敷地にまで進入とは…。
実が取れて嬉しい事もあるけれど、それ以上に困ってしまう事があるとなかなか実のなる木は困っちゃいますね(^^ゞ
実は家にもなにか実のなる木がほしいなぁと思っているのですが、しばらく良く考えようと思います(笑)
◆ kikiさんへ
やっぱり、おつまみにしたくなりますよね。
栗をとりに来ているのは、たぶんいろいろな国の人が混じっているのだと思いますが、もうそれはたくさんやってくるんです。彼らが考えるルールやモラルというのは、わたしが考えているものとはかなり違うようです。
桜漬け
美味しそうですね
去年 里帰りした時にあんぱん用に桜の塩漬けを買って来て
まだ封を開けていないので ちょっと漬け物にしてみようかな?って
思ってます 美味しそうですよね
桜の香りって ほんのり日本を感じさせてくれていいですよね~
Jessicaさんのセンスを ちょっといただこうかな?桜の塩漬け♪

アトランタに居た時に栗の木がありましたが 周りは白人ばかりの地域で
アジア人もおらず 私とバービーがせっせと毎日栗拾いをしてました
懐かしい想い出です♪でも お掃除は確かに大変ですよねー
◆ seedsbookさんへ
M.O.M漬け、今度からこう呼ぶことにします。書くたびに、長いなぁと思っていたんですよ。
そうです!桜の塩漬は自家製です。お隣のお家で咲いていたのをいただいて、漬けてみました。桜の香りが抜群で、保存してある瓶のふたを開けるたびに嬉しくなります。
M.O.M、冷凍という手が...、まったく考えませんでした。そうすることにします。ありがとうございます!
おぉ、そちらはトルコ人なんですね。それもまた、迫力がありそう。もう、頭にくるったらないです、はっ。意地悪だけれど、朝一番で掃除してみんな捨ててしまうのですが、それでも彼らはめげません。今年は栗ご飯だけじゃなくて、モンブランも挑戦してみようかな!?作ったことないのですが。
◆ SACHIさんへ
酸っぱくなると、また味わいが違っていいですね。以前は酸っぱい漬物は好きではなかったのですが、美味しいと思うようになったのは年齢のせいでしょうか。
栗の花の匂いは、説明できるにおいなのですが、文字にするのがちょっと...、セクシャルな香りです。道端でちょっと拾っていかれるくらいなら、そんなに気にもならないのかもしれませんが、ずんずん入ってくるんですよぉ!玄関に上がる階段にまで...。
実のなる木や植物は、収穫時期がとても楽しみですが、やっぱりよく検討してから植えたほうがいいかもしれませんね。家のベリー類は、ドライブウェイを入ったフェンスの内側に植えてあるから、問題ないのですが、歩道の近くに植えておくと、摘ままれてしまうと近所に人が言っていました。
◆ ユキティさんへ
最初は、あんぱんにと思って漬けたのですが、まだ実現ならず。漬物にばかり使っています。ふわっとした香りが、とても新鮮な気分にしてくれますよ。
ここのあたりも白人の方が多く住んでいるのですが、少し先のほうにあるアジア人が多く住んでいる地域から、はるばるやってくるみたいです。
ときどき日本人の方が、「大きな栗の木下で~♪」と歌いながら通りすぎるのが聞こえます。これにはつい、微笑んでしまいます。
栗の花は確かに臭い
日本で栗の木の多い土地柄に暮らしたことがあってその臭いの不愉快さはよく覚えています。思い出すだけで息を詰めるほどです。この不快感は国際的に共通しているようでちょうど昨日栗の花のそばを通って思い出していたところでした。アジア集団に狙われる大きな栗の木。その人たちきっとその界隈の栗の木分布図なんかつくっているのですよ。それにしても不法侵入は過激ですね。日本では栗の木につく超特大のアブラムシがいましたが、その話しは長くなるのでまた今度。
◆ Hummelさんへ
やっぱり、臭いですよね。玄関先に木があるので、帰宅して階段を登るたびに「うっ」っとなります。きっと栗の花の匂いと知らなければ、それで通り過ぎてしまうのかもしれませんが、知っているだけに敏感になってしまいますね。
確かに、木分布図は存在しているような気が...。すでに車で通るアジア人が、木をみつめてスピードを落としています。でもとりに来ている人たちの風貌とは、ちょっと違った人たちなんですけどね。
アブラムシは、ついているところはみたことがありません。いたって元気!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。