スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
aemono2.062005.50.jpg


*ケールの写真追加しました!

またまたMOM(マスタード・オオサカ・ムラサキ)とお思いでしょうが、違いました、これはケール。こうやって作ってしまうと、見た目、同じだけれど、味は違います。ところでわたしは、なんでだかわからないけれど、むしょうにケールが食べたくなることがあるのです。緑の濃いものが食べたくなるってことかな。そうすると庭にでて、ケールをとってきて、さて今日は何にしようかと考えるわけですね。
ところでケール。青汁の原料になっていることからか、日本でも存在は知られているみたいだけれど、手に入りにくい野菜?先日、母と電話で話していてケールの話題になったんだけれど、『ケール』という名前は知っていたけれど、売っているところは見たことがない気がすると母。興味がないから気がつかないのか、それともあまり売っていないのかはわからないけれど、目につかない存在なんだろうなぁ。コマーシャルで「あぁ~、まずい!」っていっていたけれど、まずくないんだけれどね。といいながら、青汁は作ってません。


ケールの学名はacepjalaといって、これは"headless(頭なし)"という意味。なんでかというと、ケールはキャベツの仲間(原種)だけれど、キャベツのようにくるくるっと巻いた葉っぱの頭がないからなんですね。ケールを大きく分けると、ふたつに分類されて、緑から黄緑の少しカールした葉っぱをもつのがスコッチ・ケールで、濃い緑から紫色っぽい青みがかったフリル状の葉っぱをしたのがブルー・ケールになります。ほぼ1年中収穫できて、春先の小さめのものは、そのままサラダとして食べても甘味があって充分やわらかい、そして秋口になるとしっかりした葉っぱで濃厚な味になります。

βカロチン、カルシウム、鉄、リンなどのビタミンやミネラルが、緑黄色野菜の中でも飛びぬけていることは有名だけれど、ナトリウムの排泄に大切な働きをするカリウムも多く含まれています。活性酸素の退治や免疫機能の向上、老化を抑えたりする効果があって、特にガン予防の食品といわれているのも有名ですね。その他にもいろいろあるけれど、別名若返りホルモンとも言われるメラトニンも多く含まれているようですよ。

今回のこの和風サラダは、ひと口サイズにきった葉っぱと茎を茹でてから、軽く炒めたマッシュルームと、水にさらした玉ねぎ、もどしたヒジキをドレッシングで合えました。ドレッシングは、生姜の千切り、胡麻油、米酢、白ゴマ、醤油と少しだけ甘味をつけるのにメープルシロップを入れて出来上がり。これからの季節は、キリッと冷やして食べると、ますます美味しい。

ちょっと大袈裟だけれど、ケールと生姜は、絶対的な組み合わせとわたしは信じています。だから炒め物の時にも、必ず生姜は忘れずに。青臭いとは思わないけれど、もしかしたら、生姜のおかげでケールが食べにくいといわれている青臭さはどこかへいってしまうのかな。

でもこうやって、茹でたケールのサラダを紹介してるけれど、わたしの友『WHOLE FOODS COMPANION』をちょっと確認。思ったとおり、調理すると大切な栄養素がほぼ50%減少してます。ところでやっぱり『WHOLE FOODS~』は優れもの。ちゃんと生の時と調理した時の栄養素が、それぞれ別れてでてます。こういうことが知りたいんだよね。おっと、話を戻して。ほうれん草とかもそうだけれど、緑黄色野菜は茹でてしまうとこうなってしまうから、サッと茹でてサッと冷水に通すだけにしないとね。冷水につけているときににも、栄養素はでていってしまっているので、油断は禁物です!やっぱり、青汁にしておいたほうがいいのかな!?

***** 追加  ケールはこんな野菜 *****
kake2words.062205.50.jpg

kake1words.062205.50.jpg

*****************************************

         jump2.gif
     20050301155237.gif
今日も読んでいただいて、ありがとうございました。
ポチッと応援してくださると、嬉しいです!~さっ、また頑張ろうっと!

スポンサーサイト
[たべもの] サラダ | コメント(14) | トラックバック(1)
コメント
ケール
日本では見かけませんね~
隠し味にメープルシロップと面白いですね。
茹でると栄養価が一緒に流れるとは聞いてましたが、
そんなに沢山なんですね。

でも、とりたてのお野菜でもそうだとしたら、
スーパーの何日もたった野菜はどうなんでしょうね。
要る分だけ野菜やさんで買った方が良いでしょうね~
ケールというのは多分ドイツでもこれだろうな、というものがありますが、写真の様子だととてもやわらかそうな葉だったろうという風に見えます。私の思っているドイツのそれは固い!
ちょっと違うものなのだろうか?キャベツが伸びちゃって背が高いというような物ですよね?芽キャベツなんかもその仲間。あとちりめんでごわごわしているもの。。。でも固くて。。早速試してみます。MOMはもう人気なしですか?
ちょっとずれ込んだコメントで失礼します。ポン・デ・ケージョの写真を見てから取り付かれMayuさんのところも拝見し、日本のどなたかのサイトで作り方を教わって今日試作しました。これは大変な物を知ってしまいました。まず丸い:いものに目が無い。もちもち食感大好物:白玉団子、大福、求肥もち、何でも来い。時間がかからない。などなど好条件を完璧に網羅しています。ご紹介くださってありがとうございます。
ケールって?
おはよ~♪
珍しい物好きの私には、とっても興味のある野菜・・・。
でも、ケールって、私の住んでいるところでは見たことがないし
聞いたこともない野菜です。
食べてみたい・・・でも無理みたい。
残念!!
◆ kikiさんへ
お返事遅くなってしまって、申し訳ありません。
やはり日本では、手に入らないのですね。原料として生産されているだけで、野菜としての生産はされていないのかな、きっと。
ドレッシングにメープルシロップはお薦めですよ。なにしろ風味がいいし、影の引き立て役といてたい活躍です。
そうですね。新鮮でないとせっかくたくさん食べても、十分にそのベネフィットが得ることができないから、野菜は使う分だけこまめに買わないとダメですね。
それにしてもなんで、あんなにスーパーのお野菜は長持ちするんでしょうか?
◆ seedsbookさんへ
お返事遅くなって、ごめんなさい。
きっとseedsbookさんが思っている野菜が、ケールだと思います。茹でてあるのでやわらかそうに見えますが、生のものは固いです。そうです!フリル状のケールは、葉っぱの様子は、キャベツを収穫する時に、外に広がっている緑の濃い葉の厚いものに似ています。後で、上に写真アップしておきますね。
MOMは、ちょっと飽きました。でもまだまだ食べてますよ!
ケール大好き
いいですねえ お庭から新鮮なケールがいただけるなんて♪
ほんと ガーデニング天国ですね いいなぁ~
私もケールは時々とっても食べたくなって 新鮮なのを求めて...
でもね 結構しなしなしてる事が多くって...
生姜は やはり青臭さを消しているかも知れませんね?
私は いつも入れずに調理しているので 結構後味に残るような気がします
メープル味のドレッシングに興味がありますね♪
ちょっと甘みのあるドレッシングが 青臭系のお野菜には合いますよね♪
◆ Hummelさんへ
ボン・デ・ケージョ、試してみたんですね!
あの形、食感、手軽さ、癖になりますよね。重さにやられて、まだ2回目は作っていないのですが、そろそろ作ってしまいそう。
そうそう求肥もち、これわたしも大好きです。ぎゅ~っとつまみながら、食べたくなるんですよね。
◆ なおみんさんへ
残念だなぁ。見た目も少し変わっているから、めずらし物好きなら、その好奇心を満たしてくれる野菜なんだけど...。緑が濃いので、とっても体にいいものを食べたような気がするんですよ。
◆ ユキティさんへ
ユキティさんもケール好きなんですね。
葉っぱ物は、新鮮なものには勝てませんね。最近は、まさにガーデニング天国で、食べる直前に収穫してくるので、水分の量がまったく違ってビックリしてます。
ケールはたぶん、プランターでもすくすく育ってくれそうですよ。虫もほとんどつかないし、レタスのようにナメクジに食べられてしまうこともまったくありません。手間いらず~。
無意識で生姜を入れ始めたけれど、やっぱり効果ありなのかな。まったく口の中に、エグさがのこらないというか食べやすいですね。
お砂糖は極力使わないので、ドレッシングにはメープルシロップが大活躍です。少しで充分甘さが加わるし、なんていっても風味がよくなりますよね。
食べたい!!
だめ、珍しいもの好きの血が騒ぐ~!!
Jessicaさんの家のケールも、フリルみたいになったケールも
日本では絶対に見ないもんね。
野菜が大好きな私には、とっても魅力的です。
◆ なおみんさんへ
この野菜、元気にどんどん大きくなるけれど、たぶんプランターなどで簡単に栽培できると思いますよ。お庭に余裕があれば、そのほうが大きなものが収穫できると思うけれど。わたしはスターターを買ってきて育てたけれど、種からはじめてもきっと育つ!もし種が手にはいるようなら、ぜひぜひ試してみて下しさい!
Jessicaさん、先ほどはどうも有り難うございました。 私もケールが好きで、今日、Jessicaさんの記事を読むや否や、ケールを買いに走ったんですよ~。 お通じがよくなるし(失礼!)ときどき食べたくなります^^ トラックバックさせて頂きましたので、よろしくお願い致します。 
他の記事もとても勉強・参考になります!!
◆ easyspacerさんへ
ここにも、ケール好きの方が。嬉しいなっ。
ケール買いに走ってしまったなんて。そしてもう出来上がっっちゃたんですね。
確かにお通じが良くなる。それに緑の濃いお野菜食べると、元気がわいてきますよね。
トラックバック、ありがとうございました。こちらからも、送らさせていただきます。
今からそちらに伺います!

管理者のみに表示
トラックバック
berry-berryさんところで、ケールの和風サラダが紹介されていたので、私も作ってみました♪ ケールは日本では青汁になる野菜で、こちらではよく売っております。  はじめは、とても固い菜っ葉だし、一体全体どうやって料理するのだろうと思ったけど、ベーコンと一緒に調理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。