スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
maple062205.50.jpg


おとといの夜中、おかげさまで不時にふたりが帰宅してきました。昨日はわたしのペースが狂ってしまった上に、遊び疲れがうつって、一緒になってのんびりまったり過ごしてしまいました。そのおかげで、すっかり更新できずに、また1日カレンダーに穴が空いてしまった...。

さて行った先は、ミネソタ州。
全米中でもっとも寒いといわれている、中西部にある州です。そして夏は、蚊が多いことで有名。それから、そうだなモール・オブ・アメリカという巨大ショッピング・モールがあることも有名かな。ここはなにしろ広くて、1日ではとうていすべては回れません。買い物好きのひとには、1ヶ所でいろいろなものが手に入るし、ミネソタ州は衣類には税金がかからないから、楽しいかもしれないですよ。

さて、旅行。義妹がLUTSENという場所に、セカンド・ハウスをもっていて、そこに彼女の誕生日をお祝いかたがた数日滞在したふたり。わたしには、この『Caribon Cream の100% ピュア・メープル・シロップ』をおみやげに持って帰ってきました。まだ開けていないけれど、美味しそうなんだよね。

メープル・シロップというとカナダを想像すると思うけれど、アメリカの北部地方の七州でも収穫されます。ミネソタはそのうちのひとつ。早春に楓の木からシロップが集められるそうです。デモンストレーションの写真がカメラに収まっていたけれど、こんな風にバケツにあつめてるのかな。いっぱいバケツ並んでいるのだろうか???
mapleprocess062205.50.jpg


いやいや他の写真みたら、チューブがタンクに繋がっているのもあったので、きっとバケツで集めているばかりではなさそうですね。手間がかかりすぎるもんね、バケツだけじゃ。
mapleprocess2.062205.50.jpg


家では、あまりお砂糖は使わないようにしているので、メープル・シロップの登場率は大変高いのです。蜂蜜もいいけれど、わたしはメープル・シロップの甘さのほうが好きで、お料理にもおかし作りにも大活躍。どうせなら、バケツぶら下げてきてくれたら、もっと大喜びしてしまったのに。

写真みていると、わたしも行けばよかったとちょっぴり後悔。どれもこれも、楽しそうな顔して写ってるんだもの。みんなに「Jessica(本当は違う名前だけど...)はどこだ?なぜ来なかったの?」といわれたみたいだけれど、その頃わたしはのんびりしてました。ビデオでは、青空の下でガーデンチェアーに座ったみんながビール片手に、「Jessicaのために乾杯!」なんて騒いでいるのもあって、これはみたときには少しくやしい思い!次回は、わたし同行しようと心に誓いました。次に行く予定は、義弟の結婚式で今年の11月。これはわたしももちろん行くけれど、すでに寒そう。わたしも短パンとT-シャツでビールが飲みたかったぞーーー!

そうそう、わたしが荷物はみつかったのかとやきもきしていた頃は、こんな楽しいことしていたみたいです。
lake062205.50.jpg


         jump2.gif
     20050301155237.gif
今日も読んでいただいて、ありがとうございました。
ポチッと応援してくださると、嬉しいです!~さっ、また頑張ろうっと!

スポンサーサイト
[生活の中で] いろいろ | コメント(12) | トラックバック(1)
コメント
おいしそうなメープルシロップ
おいしそうですね。
メープルシロップも日本のお酒の様に
ピンからキリまで有ると聞きました。
これはビンからしてお洒落ですね。

洋服に税金が掛からないって素晴らしいですね。
よほど寒いんですね~。

やきもきしてる時に楽しくボートに乗ってたんですね。
子供が喜んでいる、姿は嬉しいけどチョッピリ羨ましいよね。
元気に成りましたよ。
今から「バットマン」見に行きます。

メープルシロップ
私はヨーグルトに入れたり、ホットケーキにかける、デザート用にしか使った事が無かったのでこれからJessicaさんを見習ってみよう。
知り合いがなんだかかえでの木を切りたおして庭で焚き火をしていたら、木のみきから少し液体がにじんできていたので舐めたら甘かったから、あわてて空き瓶に受けた話をしていました。写真の様子だとただ切り株から出てくるのかな?
自然の恵み
こんばんは~
綺麗な瓶に入ったメープルシロップですね。私も大のメープルシロップ好きです。あの香ばしい味がたまりませんね。
でも、日本のはいまいち?かな~って思うことがおおくて今はカナダのシロップを使ってます。
Jessicaさんなら美味しいお菓子を焼いたりして使うのだろうな~って思いました。私はお菓子レパがほとんどナィのでメープルの出番がほとんど無いのが悲しい・・
お料理にも使えるんですか?(ちょっとビックリ)
てっきりお菓子用途ばかりだと思い込んでました(思い込みって怖いですね)笑~♪

美味しいビール・・・
Jessicaさん、ご主人とお子さんが無事帰宅されたそうで良かったですね~。
ミネソタがご主人の田舎なんですね。
メープル・シロップが採れるということは、さぞ自然豊かな土地柄なんでしょうね。
ご主人とお子さんは妹さんの別荘で随分楽しまれたご様子。
次回はJessicaさんも別荘で美味しいビールを飲んでくださいね。
ああ、メイプルシロップってこういう風に採集するの!!蛇口みたいになっていて捻ると出たりとまったりするといいなあ。一家に一本。ちょっと庭からシロップとって来て!なんていうの。ホットケーキにバターのサイコロ乗せてジワーーっと来たところでメイプルシロップ。お店で食べた子供のころのホットケーキがどうしても家で再現できなかったわけがそのシロップにあったのを知ったのは大人になってからでした。楽しい写真とエピソードに感謝。無事の帰還に乾杯!
◆ kikiさんへ
元気復活!わたしも嬉しいです。

メイプルシロップは、確かにピンからキリまでありますね。わたしは浮気性だから、いつも違うものを買ってしまうのですが、そのたびに違う楽しみ。お手ごろ価格なんて見つけるとつい買ってしまったりするのですが、あれ~なんだか甘いだけ、なんて思うとお砂糖が加えられていたりして。きちんとラベル確認しないとダメみたいです。

まったくねボートに乗っていたとは、こんな調子で拍子抜けです...。

今回のバットマン、評論家の人が今までで最高のできと言ってましたよ。感想、聞かせてくださいね。楽しみにしています!
◆ seedsbookさんへ
焚火でメイプルシロップを発見とは。慌てたでしょうね。
わたしなら、「瓶、瓶」といいながら、駆け回ってしまいそう。
ホワイト・バルザミック・ビネガーとメイプルシロップの組み合わせは、とてもスムーズな味わいで、お気に入りです。
◆ きゃんでぃさんへ
実はね、わたしもあまりお菓子のレパはないんですす。お菓子よりも、お料理のいっぱい食べたいほうなんです。
ルールにとらわれないで、いろいろ試してみると楽しいですよね。スープを作るときも、使ってみたりします。
そうそう、あの香ばしさがわたしも大好き!カルシウム、マグネシウム、鉄分などなど、ミネラル分も豊富だし、ますます利用してしまいそう。
◆ スローライフさんへ
ありがとうございます。スタートがあんなだったので心配しましたが、その後は、いまだに疲れがとれないほど、思う存分に楽しんできたようです。
ミネソタは、自然は豊かですね。湖もたくさんあって、夏場はやっぱりボート遊びや釣りなんかも楽しめます。
はい、この次はわたしもビール。太陽の下で飲むと、最高ですよね。
◆ Hummelさんへ
一家に一本っていいですね。『蛇口のように』、思わず笑ってしまいました。
そういえば日本でホットケーキミックスについていたのは、カラメルの素の粉末でしたよね。この間、パンケーキ用のシロップをなめてみたけれど、みょうにねばっとしているだけの甘い液体でした。やっぱり、ピュア・メープル・シロップは美味しい!自然のものには勝てませんね。
メープル♪
私も 今年の春 採れたてのカナダのメープシロップを送っていただけて
少しづつ楽しんでいます やっぱり採れててのシロップは香りが全然違うので
市販の普通のメープルシロップでは物足りない...って思っちゃいます
ミネソタもそうでした 有名でしたねー?これから またメープルを使ったお料理が紹介されるのかしら?楽しみです♪
私は いつも蜂蜜でドレッシングを作ってますので せっかく美味しいメープルシロップが手元にあるのでさっそく作ります!
今日は 実はメープルで3日間マリネした豚ハムを作ってます
家中 豚肉臭いんですが...笑
◆ ユキティさんへ
採りたてのものは、やっぱり違いますね。なくなっちゃったからと、スーパーで買ってきてもイマイチだったりするし。
メープル使ったお料理...。ドレッシングにばかり使っていて、レパートリーが少なすぎる。少し研究しなくては。(汗)
また手の込んだものを作ってますね。メープルとお肉って、よくあいますよね。以前は大好きでした!今はお肉は食べないので、作らないですけど。
あっ、今はユキティさん宅にはお邪魔するのは控えておきます。すでに肉の香りも苦手...。

管理者のみに表示
トラックバック
Your girl friends by damoneなんだか懐かしいものを思い出す。そうだ、雰囲気がDragon Ashみたいなんだ。。高校時代に、友人とアッシュのコピーバンドをやっていたから、胸の高まり度合いが同じ気がします(笑)アメリカ出身の4人グループのロックバンド。英語圏

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。