スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
rhubmelonsoup071205


冷たいスープみたいにみえるけれど、サラダのつもりで作ってみました。タイトル通りだけれど、ルバーブとメロンを使ってます。なんでこんな組み合わせになったかというとですね、ふたつあります。まず、ルバーブが採れすぎて、ジャムはいっぱい作った、チャトネも作った、ケーキ用に小さく切って冷凍もした、もうこれ以上は瓶は増やせない、でもほっておくといつの間にやら大きく広がっしまうのです。だから、何か新しい食べ方をしてみたかったんです。そしてメロンは、食べたくて買ったんだけれど、わたしの見る目がなくて甘くなかった。しばらく置いておいたら、少し甘味は増したけれど、それでもそのままじゃあんまり食べる気がしなかったのです。じゃあ、サラダだねということで、こうなりました。


作り方は簡単なんだけれど、キリッと冷やしたものを食べた方が美味しいので、最低でも食べる予定の2時間前には作って冷やしておいたほうがいいです。まずルバーブを2~3センチくらいに切ります。皮は剥かなくてOK。それを鍋に入れ、白ワインとお砂糖を加えます。弱火にかけて、ルバーブが少しやわらかくなったところで、火からおろして冷まします。ほぼ冷めたところで、メロンをくり抜くか、食べやすい大きさに切ってそのルバーブ・ワイン・シロップの中に入れます。ミントの千切りもそこに入れて、レモンを少し絞って、冷蔵庫でよ~く冷やします。食べる直前に、小さなボールなどに入れて、ミントを飾って、もしもレモン好きならばレモンを切って添えて出来上がり。

少し甘めだけれど、前菜として食べたい一品です。ルバーブのおかげですっかりルビー色に染まったシロップに、オレンジがかったメロンが可愛らしいでしょ。夏の、日が沈む少し前のイメージかな。白ワイン、レモンの絞り汁、ミントの葉っぱが上手い具合にシロップの中に溶け込んでて、風味がとってもいい。お酒が好きな人ならば、ブランデーとかでもっと香りをたててあげたら、また違った大人の味わいになってそれもいいと思います。その場合は、お水とお砂糖のシロップでルバーブを煮て、熱がとれたところでお酒は入れたほうがいいですね。そうしないと、せっかくの香りがとんじゃうもんね。

わたしはあんまり甘いものは得意じゃないので、少し控えめの甘さで作りました。でも甘味は、ある程度はあったほうがいいと思います。あんまり控えすぎると、あいまいな味になってしまって、たぶん美味しくなくなるんじゃないかな。と思って甘くしすぎると、前菜としては甘すぎ~っとなってしまうので、その辺はお好みの甘さを果物の甘さと相談しながらみつけてみてくださいね。

そうそう、シロップのおかげで、メロンが美味しく変身してました。メロンは大好きだから、甘~くみずみずしいものなら、絶対にそのまま冷やして食べる!でもちょっとおいしくないメロンが手に入ったら、こうやってシロップで下味をつけてあげれば大変身です。これはメロンだけじゃないけれど、こうやって手を加えることによって、口のなかでまろやかに溶ける感じにもなるしね。

まず目で楽しんで、次に口で楽しんで、最後にお腹で楽しめるサラダです。おもてなしに作っても、絶対にこの色合いで目を引くし、喜んでもらえるはず。ちょっと誉めすぎかな、自分でつくっておいて。(汗)
         jump2.gif
     20050301155237.gif
ルバーブ、ルバーブ、ルバーブ!
と応援のクリック1票していただけると、ますます頑張ってしまいます!
スポンサーサイト
[たべもの] サラダ | コメント(13) | トラックバック(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
すみません・・・
サラダでもスープでも無く、冷たいデザートに見えてしまいました~^^;
こんな素敵な前菜が出てきたら、もぉ食欲倍増ですね!
器もとっても可愛いぃ~ポートランド調達でしょうか?
こちらは当然中国チックな器ばかりで・・・
中華皿にカレーライスを盛って食べてますー(-_-;)
ご馳走様でした。
Jessicaさんの写真は“味の想像能力強化訓練”に一役買っていて、で、「ご馳走様でした。」です。おいしくないメロンというのはしばらく置いてもたいてい救えませんね。これならおいしく食べられるにに違いない。Yoda(犬)はあまくなくても大好きでおいしそうに食べますが今後分け前が減ることでしょう。
◆ gouさんへ
どちらでもなく、デザートに進んでしまったんですね。でもそう見えますね。色合いといい、使っている素材といい。
そちらは暑いんですよね。これはさらっといけますよ、サラダとしても、デザートとしても。(笑)
この器は、アメリカではよくみかけるものです。中国チックも好きですよ。実は昨日、なにかいい中国チックな器はないかなと探しに行ったところでした。でも、いいのはなし。なんだかチープなものばかり、何も買わずに帰宅しました...。そちらに行けば、いろいろあるんでしょうね。
◆ Hummelさんへ
どんな味を楽しんでもらえましたか?
やっぱりダメですよね、少し甘味がましても食感がよくないし。
やはりYodaは、メロン好きなんだっ!昨日、これをくり抜いた後に、残っていた部分を削いで(汗)、2匹におすそわけ。ぺろっとあっという間に、消えてしまいました。でも生のルバーブは、置き去りにされていた、酸っぱいのは嫌いらしい...。
ルバーブの使い方
私も最初「美味しそうなデザートだな~」と思ってしまいました。(笑)ルバーブってこういう調理の仕方もできるんですね。鮮やかなサラダが白い器に映えてとってもきれいです。他のコメントにもありましたが、Jessicaさんはどちらで食器を調達されているのでしょうか?写真の器はアメリカ製にしては小ぶりでサイズもいいですね。最近、私はシンプルな白い器が好きになってきたので、これから少しずつ揃えていこうかなと思っているところです。素敵な料理と器をこれからも楽しみにしています!
◆ pedromomさんへ
やはりデザートでしたか。でも充分にデザートでもいけます、いっそ変更してしまおうかな。(笑)
もっといろいろ試してみたいのですが、なかなか思いつきません。あまりにあって、どうしたらいいものか...。

この器は確か、『Zupan's Market』というお店(で購入したと思います。ここは食料品のマーケットなのですが、少し食器が置いてあって、その上に同じ商品でもキッチン用品専門のお店よりも価格が少し安いので、ときどきついでに買ってしまうんです。でもZupan'sは、オレゴンにしかないみたい。残念...。大きさは、3種類あったと思います。これはミディアム・サイズで、女性用のご飯茶碗より少し小さめかな。結構いろいろなお店で同じ物を見かけるので、気にしてみていると必ず目に入ると思いますよ。
TBありがとうございました。
Jessicaさん、ルバーブのTBありがとうございました。
こういう使い方もできるのですね。来年はこうやってみようかな。
今回のルバーブは、ちょっと凝り性の近所のお友達から、ルバーブを農家から取り寄せるということでひとくち乗ったのです。
思いのほかおいしかったので満足満足。
来年は、ハハに畑で作ってもらうようお願いしてみようかしら。

素敵なコメントもありがとうございました。
ベリーの写真もうきうきしました。今年の我が家は不作なのですが、また素敵な使い方、拝見しに伺いますね。
こんばんわ
TBありがとうございました。
とてもきれいな1品ですね♪
またお邪魔しますねw
サラダ!
こんばんわ!
ルバーブとメロンの夏サラダ、
なんてお洒落なんでしょう。
ルバーブって、初めて聞いたのですが、
ジャムやジュースにもなるそうですね。
とっても彩りのいいサラダですね。
◆ kumiさんへ
ご訪問いただいて、ありがとうございます♪
農家からお取り寄せなんて、贅沢ですね。
今年は豊作(すぎ)で、新しいものに挑戦しています。
ルバーブは、育てるのはとっても簡単。最初の2年くらいは収穫ができないけれど、その後はもうたくさん!というほど収穫できるようになるので、ぜひお母様の畑で育ててみてください。畑で育てたら、元気にどんどん大きくなってくれるはずですよ。
またいらしてくださいね。お待ちしています!
◆ カズさんへ
ご訪問いただいて、ありがとうございます♪
『クリスプケーキ』のアドバイス、ありがとうございました。
またいらしてくださいね。お待ちしています。
◆ うさうささんへ
ルバーブは、ジャムとかパイなどが主な使い道のようです。ジュースも美味しい!
日本ではまだ一般的ではないみたいですが、植物繊維やビタミンCも豊富なので、見かけたら試してみてくださいね。うさうささんなら、とっても素敵なアイデアいっぱいのお料理に変身しそうな気がします。

管理者のみに表示
トラックバック
今日のおやつは「バナナとマンゴーのクリスプケーキ」です。これはAfternoon Tea time ― アフタヌーンティーと過ごす時間↑この本の「ルバーブとイチゴのクリスプケーキ」の応用です。今の時期イチゴなんて売ってないし、ルバーブなんて見た事ない!!ってな訳です。これ簡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。