スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

トマト爺さんからの伝言

2005/07/30 Sat 08:22

tomato072905


家のご近所に、トマト爺さんがいる。『トマトのおじいちゃん』でも、『トマト・グランパ』でもなく爺さん。偏屈者じゃぜんぜんないんだけれど、『トマト爺』と呼んだ方が似合っていそうな、トマトを育てる天才の爺さんです。
彼は毎年、たくさんのトマトの苗を育てて、玄関先に並べて売っていました。今年は見かけないなとおもったら、もう自分のために育てるだけで、やめてしまったそうです。そういえば、それまで山のように積んであった、プラスティックの植木鉢もみんな処分されて、今まで見えなかった庭が少しだけみえるようになりました。それでもやっぱり、とっても立派なたくさんの大きな実をつけたトマトが、玄関先には並んでまいます。

そんな爺さんから、わたしに伝言が伝わってきました。伝達者は夫。爺さんは、お隣の家に植わっている、ディルの葉っぱを口からはみ出しながら言ってたそうです。こんな姿が似合う、爺さんでもあります…。

「この辺りには、蜂が少なすぎるから、ブラシをもってきて、ささっとトマトの花をなぞってあげないとダメだぞ。そうしないと、たくさんの実はなってくれない。そうするように」

わたしは蜂をたくさん見かけるような気がしていたけれど、それでもトマトたちには足りないんだって。こういう年長者の意見は素直に実行するわたしは、蜂のかわりになってあげましょうと、今朝はブラシを片手に、トマトの花粉をささっとつけに庭にでました。ついでだから、ナス、胡瓜、苺、大豆の花粉もつけてみたり。これで、もっとたくさん収穫できるようになるなら、なんて簡単なんだろう。思うように実りがないとお嘆きの方も、ぜひお試しを!

去年は、プチトマトを主に育てたので、今年は2種類の、大きめの実がなるトマトの苗を買いました。上の写真は、今日の様子。ご覧のように、まだ緑色です。ここのところお天気もいいし、もう少ししたらいっせいに赤くなってくれそうな気配。

ということで、プチトマトは今年はないはずだったのに、そうではなかった!庭のそこらじゅうで、去年のものから実生で育ってます。それも、去年植えてあった場所とは、まったく違う場所からも出てきていて、えっこんなとこにもとビックリする。ひょろひょろした、元気のないものはみんな抜いちゃったけれど、せっかくだから幾つか残しておいたら、実がついてる~!
tomatomini072905案の定、プチトマトです。去年、赤いのと黄色いのと育てたけれど、今の時点ではまだどちらそだったのかは不明。食べごろまでの、お楽しみ。
         jump2.gif
     20050301155237.gif
応援のクリック1票していただける嬉しいです。また明日も頑張ります!

スポンサーサイト
[ガーデン] ハーブと植物 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
トマト
トマト、まだ青いけどおいしそうですね。 Jessicaさん、大豆まで育ててられるんですか? 
トマトといえば、義母がさかさまに吊るしたトマトを育てています。(言い方が悪いんですけど) 流行っているんでしょうか、面白かったです(笑)     
受粉
トマトが面白くてまだ庭がなかったころ窓辺で種から育てたら大きくなったは良いけれどどの窓もトマトにとられて家の中が暗くて困った経験があります。そのときに読んだものの本にはトマトは木を揺すってやるだけでもいいとあった。で、毎日のようにトマトを揺すったら室内でも実はついたけれど熟すまでに時間がかかりすぎてやっと赤くなったころには皮が硬くてどうにも美味しくないものになりました。トマトって結構繊細ですね。直射日光嫌いでしょ。葉っぱ焼けませんか?大豆といえば謎があって・・。そのことをまた書きますから待っていて下さい。お考えを伺いたいことなのです。
トマト爺
ディルの葉っぱを口からピンと覗かせて、蜂が足りんからな。というおじいさんにあって見たい。
私の友人が色々なトマトを育てて、旅行とまとというのがありました。何でか?トマトが6つくらいに深くくびれていて(皮むいたみかんみたいにですね)ナイフを持っていなくても手で割れるわけです。旅行中ナイフが無くても分けられる。というわけで”旅行トマト”オレンジであま~いとまともありました。
◆ easyspacerさんへ
だんだん大きくなってしたので、早く赤くなって食べるのが楽しみです。
そう、大豆も育てているんですよ!去年は少ししか育てなかったので、今年はメインの畑には大豆のみを植えてみました。もう少ししたら、こちらも収穫できそうです。枝豆とビールが楽しめます。
さかさまに吊るしたトマト???どんな風に育てているのか想像がつきませんが、わたしははじめて聞きました。気にしてみてみたら、見つけられるかもしれませんね。
◆ Hummelさんへ
室内とは!そして、ゆするだけでもいいのですね。確かに、これでも受粉はしますね。こっちのが、手間いらずですね。ゆするたびに、葉っぱかすれて、トマトの香りが、部屋中に充満したんでしょうね。
去年も今年も、トマト爺さんのところも直射日光があたるところで育てているんですが、葉っぱはいまのところ元気です。
なんでも繊細な実を熱い太陽から守るために、トマトの色は赤く染まるそうです。室内では、陽が優しすぎて皮が強くなってしまったのかな?
大豆のはなし、楽しみにしています!
◆ seedsbookさんへ
会ってみたいでしょ!なんともキャラクターに恵まれた、爺さんなんです。昔は畑でもやっていたのかな?いつもオーバーオール着て、トマトの世話をしてるんですよね。(笑)
えっ、6つに割れている旅行トマト!育てる時に、6つに別れるようにワイヤーの入れ物か何かに入れて育てるんですか?それとも自然に、くびれが入る?
トマトって、見ているとおもしろい。色もそれぞれに違うし、切ってみたときの種の入り方もまったく違うし。今年育てている大きなトマトの、色と種の様子はどんな感じなのか見るのが楽しみ!
トマト実る時期
Jessicaさん宅のトマトたちも大きくなりましたね?
うちも 受粉係りは夫なんです♪毎朝 筆を片手に「なにやってんの?」って思ったらやってましたよ~ おかげでうちのも次から次へと実がなってきてうれしい限りですね♪うちのは 先週頃からどんどんと赤くなって来てます 先日 一個だけ熟したのがあったので摘んでいただきましたが とーーっても甘かった♪多分 Jessicaさん宅の品種と同じかも プチトマトと普通のトマトの中間サイズです 手作りの醍醐味ですね 去年のプチトマトも実を成す
なんて 土も良くて手をかけている証拠ですよ すばらしい♪
◆ ユキティさんへ
旦那さんが、受粉係をしてくれるなんて、いいですね。家も伝達者ついでに、やってくれればいいのに…。
今年育てているトマトは、ミディアムサイズのEarly Giel(写真)とラージサイズのBetter Boyです。ユキティさんのと同じかな?
やっぱりそちらは、お天気がいいから、赤くなり始めるのも早いんですね。これから、とりたてのトマトが食卓に並ぶのが、楽しみですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。