スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
eggplant081105


現在、確認したところによると、9個のナスが収穫予定。そのうちのひとつが15センチくらいに成長していることを発見したので、食べたい。少し細めのような気がするけれど、待ちすぎると種が気になり始めそう。でも、せっかくの初物なのに、早すぎたって後悔するに決まってる。どうしよう…。もうとってもいいんですかぁ?
このナスは、『Japanese Eggplant』なので、日本のナス。米ナスも、調理の方法によっては美味しいけれど、やっぱり日本のナスが好き!ナスの丸揚げを生姜醤油でも食べたいし、焼きナスにして皮を剥いて、削り節とお醤油をかけても食べたい、と夢はふくらむ。だけれど見ていると、大中小とある。この調子で行くと、時期をはずしながら収穫時期になりそうな気がする。あぁ、そうするとナス三昧とはいかないの?!日本に帰って、夏野菜◎ナスを思う存分食べたくなってきた。

ところで、日本のナスの大きさを忘れてしまったのですが、15センチくらいって食べごろなのでしょうか?どなたかアドバイスをいただけたら、嬉しいです。
         jump2.gif
     20050301155237.gif
応援のクリック1票していただける嬉しいです。また明日も頑張ります!
スポンサーサイト
[ガーデン] ハーブと植物 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
あらら?
間違えて「秘密」にチェックを入れて送信してしまい、「管理者にのみ表示」になってしまいました…。あらま!
これでどうだ ↓akistlさんのコメント
お写真の茄子、キレイな色で美味しそう♪
お味噌汁の具で一番好きなのは何と言っても茄子、なのです。茄子のトマトソースパスタ、生姜醤油、漬物も美味し~い!アメリカに来てすっかり茄子を食べなくなってしまったなぁ。久し振りに食べたくなりました。オーガニック・ストアで買ってこなくちゃ!
15センチ、う~ん、微妙ですねぇ。ちょうどイイような気もしますがどうなんだろう?
私も日本で夏野菜を堪能したい。帰ってきたばかりなのに(笑)
◆ akistlさんへ
こんにちは♪
お久しぶりで~す。お元気そうでなにより。
コメント、上に復活させておきました。(笑)

アメリカにいると、たまに買うけれど、なかなかナスって食べないすよね。わたしも同じ。
微妙でしょ。食べたい気持ちはあるけれど、もう少し待ったほうが、少し多く食べられるかもしれない…、なんて欲張ってるんですが、どうなんだろう?
帰ってきたばかりでも、日本のものはすぐに食べたくなるんですよね。
茄子
私も特に茄子は、日本のものが最高だと思います♪ 
Jessicaさんのご主人、明太子も大丈夫ですか? パスタもおいしそうです~。が、ウチは、オットが明太子パスタはダメなので。 その前においしい明太子を獲得するのに、中距離運転しなきゃだめで残念です(苦笑) 
スマートなナス
近所にトルコ屋さんと呼んでいるトルコ人経営の食品店がある。トルコの人は野菜を沢山食べるから彼らの経営する店は外に並んでいる野菜ですぐわかる。スーパーマーケットにも負けずに存続できるのはその野菜の魅力のせいではなかろうかと思っている。前置きが長くなりましたが、そのトルコ屋さんで買う細めのナスは米ナスに似た太いなすより絶対おいしいと思う。それを食べて日本のナスの代わりにしています。Jessicaさんの日本のなす本当に上手に実っていますね。上手に畑の手入れをするのですね。今度“種まきから収穫まで家庭菜園指南ブログ”なんてどうですか?忙しすぎる?
◆ easyspacerさんへ
日本のお野菜は、茄子も含めて小ぶりだけれど、やっぱり美味しいですよね。
家は、幸いダメなものがないというほど。だから明太子も大丈夫です。特に、明太子と大根の千切りと和えたものが好きみたいです。イクラとかキャビアとかも好きでだから、まったく抵抗ないんでしょうね。
中距離っていうことは、結構ドライブしないとならないんですね。ついでがないと、少し大変ですね。
◆ Hummelさんへ
スマートなナスのタイトルに反応してしまったんですが、やっぱり痩せっぽちですよね。もう少し待ったら、少し太ってくれるのかな?Japanese~と書いてあるだけで種類がわからないから、細長いものなのか、もっとずんぐりしたものなのか見当がつきません。
そちら、トルコからの移民が多いのですか?このあたりでは、トルコ屋さんは見かけない気がします。いいなぁ、野菜一杯のトルコ屋さん。
今年のナスは、去年に比べて、少し多く実ってくれたけれど、でもここは少し気温が低すぎるみたい。
特に今年は、家の畑では冷夏の影響が出ています。ルバーブがいつまでも収穫できるとか。これはいい影響?!
んん、“種まきから収穫まで家庭菜園指南ブログ”ですか?それはあまり役に立ちそうにない。毎朝、水まくくらいしかしてないんです…。(汗)
水撒くだけ!?!?
本当ですか?水撒くだけでなすがこんなに立派になるの?すごいなあ。すごい。スマートって言ったのはこっちのまるこいナスに対しての比較でした。Jessicaさんのはちっとも細いように思いませんよ。日本にもちょっと長めのと短めのとがあったような気がしますね。こっちのは実がスポンジみたいにスカスカした感じがして味にしまりがないと言ったらいいか・・。ともかく焼きナスはトルコ屋さんのでしないと間が抜けます。PSこのア辺りは炭鉱労働者として多くの人がトルコから移住してきています。今はもう2世3世が活躍し始めています。
◆ Hummelさんへ
そうそう、毎日忘れずにお水を撒くだけ。
あっ、でも酸性とアルカリ性とどちらの土が向いているのかだけは調べます。オレゴンは酸性なので、もしもアルカリ性が向いているときは、ときどきライムを入れた容器にお水を入れて、その水をあげる。でもこれも、思い立った時にするくらいだから定期的にしているわけではない。酸性の場合は、なにもしない。植えるものは、ローテーションして毎年同じところで育てない。そんな感じです。
過保護にするよりも、いいのかもしれませんね。
そういう意味だろうなぁと思ったのですが、家のナスはスマートすぎみたいに見えるんですよね。少し太るか観察してみます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。