スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
gingerale092605


 塩、胡椒などはもちろんだけれど、生姜、ガーリック、お米、数種類の豆というのは我が家の台所は必ずある。昨日のあのおやつを食べ終えたら、喉が渇いてきて再び台所へ。もうやめとけという意見も聞こえてきそうですね。ふと籠の中を覗いてみたら、その常備品のひとつの生姜がぽつんと、わたしも使ってとは言ってなかったけれど、あるのを発見。生姜→ジンジャー→ジンジャー・エールという単純な発想から、またもや実験開始。
 実は、ジンジャー・エールの正しい作り方というのは知らないんだけれど、『Jessica流ジンジャー・エール』の作り方。とはいうものの、スパイス・ラックを見て、そのときあるスパイスを使うので、毎回味わいがかわるから書きようもないんだけれど。

 ジンジャー・エールになくてはならないのは、そうですねジンジャー(生姜)が必要です。これを使って、まず『ジンジャー・エールの素』を作ります。皮を剥いてから作る人もいるようですが、野菜の皮も葉っぱもついているものは基本的にすべて使いがモットーだから、わたしは剥きません。それを適当な厚みにスライス(微塵切りか摩り下ろしてもいいです)して、小さ目のソース・パンに入れます。そこに、お砂糖(もしくは蜂蜜。お砂糖はできれば精製されていないものを使いましょう)とお水を入れます。目安としては、この3つはほぼ同量。そこにスパイスを入れます。シナモン・スティック、クローブ、唐辛子、アニスなど、あるものを使います。スパイスのストックがなければ、使わなくても大丈夫。だからわざわざ、スーパーに行かなくてもいいですよ。飲みたいときは、早く作らないとね!これを10分ほど煮込んで、火を止める前に仕上げのレモンの絞り汁を入れます。これで、ジンジャー・エールの素は出来上がり。

 そうそう、ジンジャーとスパイスを取り出すのが簡単になるように、ティーパックをわたしは使います。出来上がったら、これを取り出せば準備完了。

 お好みの分量の素を氷を入れたグラスに入れて、そこにクラブ・ソーダなどの炭酸水を入れます。ジンジャー・エールの素をあんまりケチりすぎると間の抜けた味になってしまうので、わたしは濃い目好みです。甘いだけの市販のジンジャー・エールを想像して飲むと、違うものを飲んでいるような気がして期待はずれ!?

 スパイスのパンチで目がさめると思いきや、スパイスのリラクゼーション効果か、もっと眠くなってしまいました。きっと解決策は、お昼寝しかないのかなということかもしれない。
         jump2.gif
     20050301155237.gif
応援のクリック1票していただける嬉しいです。また明日も頑張ります!

スポンサーサイト
[たべもの] その他 | コメント(4) | トラックバック(1)
コメント
今すぐ飲んでみたいです
ジンジャーエール、おいしそうですね!
こんな風に作るってこと、今まで知りませんでした。
お恥ずかしながら、出来合いのものしか知らないっていうか、
お店で瓶や缶に入って売っているジンジャーエールしか
知らなかったんです。

ここのところ、どうもすっきりしない日が続いていて、
今すぐにでもJessicaさんの作ったジンジャーエール
飲みたい感じです!
今度、自分でも作ってみます。
ジンジャーエール
Jessicaさん こんばんは。
我が家も 自家製ジンジャーエールを作るようになってから 市販のは飲まなくなりました。生姜の風味が効いてて美味しいですよね。私も素を作リ置きしてますが ヨーグルトにかけて食べたりしてます。生姜=元気の素ってイメージがあるので何にでも使いたいですね。
◆ ronbokuさんへ
そうですよね。ジンジャーエールって、カ○ダドライのじゃないけれど、缶や瓶に入っていて、自分で作るイメージってあんまりないですよね。
自家製のジンジャーエールを飲んでみると、生姜の味がしっかり、スパイスの味もしっかり、元気飲料のような気がしてきます。近くだったら、グラス片手に出前してしまうのに(笑)。少し手間がかかるけれど、時間があるときに試してみてくださいね。
◆ ユキティさんへ
こんにちは、ユキティさん♪
やはり、ユキティ宅も自家製だったんですね。そうじゃないかなと思ってました。
風邪をひいた時には、レモンの絞り汁を少し多めにしてお湯割にして飲んでいましたが、ヨーグルトにかけたことはありませんでした。さっそく、カスピ海のヨーグルトにかけてみます。とってもすっきりしそう。ドレッシングに混ぜてもいいかもしれませんね。固定観念にとらわれなければ、どんどん広がっていきますよねきっと。

管理者のみに表示
トラックバック
どこででも手に入るジンジャーエール。私も数年前まではジンジャーエールといえばコレだった。最近は味覚も変わってきて、カクテルを作るときには、あまり甘すぎるのも使いたくないが、コレはコレで真夏の暑い日に清涼飲料として活躍してくれる。ダイエット中の私は夏の間に.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。