スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

マグノリア

2005/02/27 Sun 07:39

快晴の今日、ぱっと開いた感じの、サイド・ウォークに咲いているマグノリアです。日本名だとモクレンですよね。


magno022605.50.jpg


わたしにはこの種類がよくわからないのですが、ハナモクレンなのではないかと思います。
と仮定して、いつものとおり少しだけその情報を…

英名: Magnolia denudata
科: モクレン
属: モクレン
原産地: 中国
高さ: 10m程度
開花: 3月から4月
花: 直径15cm程度で花弁は6枚と3枚の顎


この花は開花し始めると、日が当たると開いて、日の沈む夕方になると閉じてしまいます。これを繰り返し、徐々に大きく開いていくのです。そしてめいいっぱい開き終わると、パラッと花びらが地面に落ちていきます。開いたり、閉じたりしながらも、毎日どこまで開いたか覚えているなんて、なんだかちょっと不思議な気がします。

magedit022605.50.jpg



ちなみに、タイサンボク(モクレン科常緑高木)は、北米中南部が原産地です。裏側に反り返った形をしてとても硬くて大きい葉っぱをしています。表面は濃い緑でつやつや光っていますが、裏側は鉄さび色の細かい毛で覆われているフェルト状。花は、この写真のものよりもっとまあるい感じで、5月から6月に開花し6枚の花弁があります。マグノリアの香水は、このタイサンボクが原料として知られているように、香りがとても高く近くを通っただけでもその香りがします。そういえば『マグノリアの花たち(原題:Steel Magnolias)』(1989)という南部ルイジアナ州の架空の田舎町を舞台にした、6人の女性の友情を描く映画が以前にありましたよね。

今日も読んで頂いて、ありがとうございました。
クリックひとつ、いつも応援ありがとうございます!さっ明日も頑張ろうっと。20050301155237.gif


スポンサーサイト
[ガーデン] ハーブと植物 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。