スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
chilibeans020506


我が家では、たまにリクエストがある、チリ・ビーンズ。そういえば前にも、リクエストのチリ・ビーンズのことを書いた覚えがる。と読み返してみたら、缶詰の豆は嫌だなんて書いていた。でも今回は、使ってします...。豆をきちんと煮たほうが美味しいのは分っているけれど、時間なし。というときはしかたがない、素直に缶詰にお世話になって作ることにします。この手抜きのおかげで、チリ・ビーンズはすぐに出来上がり。「できたよー」という声で、ダイニング・テーブルに集まる家族ですが、テーブルをみたとたんに、「コーン・ブレッドはどこだ」という騒ぎになった。

コーン・ブレッドのことなど頭に無かったわたしは、さっき焼いたばかりのパンでよいと思ってたけれど、どうやら『チリ・ビーンズ=コーン・ブレッド』ということに決まっているたしい。だから、どうしてもひっこまない。こうなったら作るしかないと、「そんなこというなら、お腹空いてても30分待たなくっゃいけないんだからね」というわたしに、簡単に了解してくれる。

もうこっちもひっこみがつかなりから、結局作ることに。急いで、材料を計って、焼いて、お見事、30分で焼きあがりました。

それが、後ろに小さく写っているもの。その後ろにある、黒い物体が、コーンブレッドを焼くのに使った、アイアン・パン(鉄のフライパン)。この鉄のフライパンですが、アメリカに来てすぐのころ、セカンドハンズ(中古品屋さん?)で買ったフライパン。買ったときのコンディションもそんなに悪くは無かったけれど、きちんと磨き、油がのって使いやすくなるまで使い込んだ代物。新品を買えば、そんなに苦労はないのかもしれないけれど、なんとなく愛着のあるフライパンです。

ここのところコーン・ブレッドは、このフライパンで焼くのがお決まり。コーンミール(トウモロコシ粉)、お塩、お砂糖、オリーブ・オイルと沸騰したお湯を混ぜる。今度は小麦粉、ベーキング・パウダー、ベーキング・ソーダを混ぜて、温めた牛乳とお酢の中に、この粉類を混ぜる。これを今度は、コーンミールのミックスの中に入れて軽くかき混ぜて、トウモロコシを入れて、もう一度混ぜあわせる。ここでアイアン・パンの登場!フライパンをストーブ(コンロ)で熱して、充分に熱くなったところにバターを溶かして、パンの素を流し込んで、1分くらい火にかける。それを予熱していたオーブンに放り込んで、美味しそうな焼き色がつけば出来上がり。

説明を書いていて、あっちにいったり、こっちにいったり、自分でもわからなくなってきましたが、こんな説明でわかりますか!?

準備から焼き時間をあわせて、所要時間30分。イーストを使わないから、発酵時間なしなので、急なときに便利です。ふわっと広がる、コーンミールの香りがなんともいえません。このコーンミールの香りって、日本に住んでいるときは経験しなかった香り。優しい中にも、きちんと主張する香り。でもどこかさっと抜けていって、嫌味がないのです。

そうそうチリ・ビーンズ。もちろん、我が家のレシピには挽肉は使いません。お肉に見えるのは『畑のお肉』大豆で作ってあります。この畑のお肉って英語では、"meat of the earth"と表現されてます。『大地のお肉』ということで、もっと壮大な感じに聞こえますね。

banner
スポンサーサイト
[たべもの] おかず | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
おはようございます♪
やっぱりお天気がいいと気持もスカッと晴れ晴れです(笑)

チリビーンズ! 今日の夕飯はコレにしました!←今さっき起きたばかりだというのに…あはははは。
昨日のスーパーボウルでずっと一日中ジャンクフード気味だった我家…今日は肉なしの体にいいものが食べたい気分。
丁度、前に買ったウィートグルテンがあるので、それをミンチにして作ってみようかな。

コーンブレッドもなんだかスゴイ!
私は今までコーンブレッドを作って成功した試しがないので、今日はコレも再挑戦となりそうです。
ハー今日の夕飯メニューも決まって、1日のんびり出来そうです(笑)
私もコーンブレッド好きです。
時々作ります。
でもフライパンで1分焼くというのは知らなかったな。やったこと無いです。
今度試してみよう。
◆ SACHIさんへ
おはようございます。
今日も、快晴。気持ちがいい、一日になりそうですね。
昨日は、晩ご飯のメニューに悩むことなく、チリは晩ご飯に登場しましたか?
我が家では、チリをリクエストした夫は、さすがに昨日は豆は食べたくないといっていまいた(笑)。
コーンブレッド、いい色に焼き色をつけることができるようになるのが、わたしの目下の課題です。オーブンが、ダメなんだよなぁと、とうぶんは自分の未熟さではなく、オーブンのせいにしておきます。
◆ seedsbookさんへ
フライパンで焼くのは、ある本を読んでから、真似するようになりました。コーンブレッドの側面が、パリッと仕上がります。でも注意しないと、焦げすぎてしまうのが、困りものですが...。試してみてくださいね。
コーンブレッド
コーンブレッド、こうやって焼くとよいのですね~ わかりました。 それとやっぱり南部系のスープと食べるほうが合いそうですね。 鉄のフライパンをお使いだったとは。 我が家も愛用して3年なのですよー! 男の人のほうが好きなのか、旦那が手入れしてくれるので楽です(笑) 
ところでAuthor名、変えられたのですね!  
◆easyspacerさんへ
その土地の組み合わせで食べるのが、一番あっているのでしょうね。
鉄のフライパンをお持ちだったら、一度試してみてください。
こういったフライパンは、アウトドアっぽいから、男の人好みなのかもしれませんね。
名前は変えましたが、今までとかわるところはないので、これからもどうぞよろしくお願いします。
わかるなぁ、この組み合わせ
こんばんわ。分かります。チリ&コーンブレッド。
普通のパンじゃ、なぜか物足りない様な、そんな気がするんです。
私も普段は乾燥豆を使っていますが、でもパントリーには
しっかりと缶詰の豆は用意してあります。急な時には無理だもん。
うちは、以前もお話しましたが夫がチリをあんまり食べたがらないので
なかなか作る機会が無いんです。食べたくなったらアリ-シャさんちへ
お邪魔したいくらいです♪おいしそうだもん。
◆ ユキティさんへ
やっぱり、この組み合わせでないとダメ!?たしかに食べた後の満足感は違うから、これからは言われる前に作っておくことにします。
あっ、ユキティさんも缶詰のお豆使うんだ。いつでも時間があるわけじゃないですもんね。
チリが食べたくなったら、いつでも我が家へどうぞ!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。