スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

中国茶を楽しむ

2006/04/20 Thu 00:58

tea041806


我が家から比較的近くに、アジアン・モール(と言う名前じゃないけれど)があって、その中に入っている巨大食料品スーパーに行くことがあるのだけれど、そのお向かいにある中国茶を販売しているお店が、いつも気になっていたんです。気になりながらも、いつも横目に見ては、通り過ぎてしまっていました。この間の週末に、ついに親子三人で侵入しました。今日は、そのリポートです。

小奇麗なお店の中をふらふら見ていたら、お店番をしていた、お父さんと娘さんが話掛けてきてくれたので、「これは何?」などと会話がはじまりました。娘さんの「あのテーブルで、試飲もできるのよ」という言葉をきっかけに、お父さんがお茶を入れ始めてくれました。無言のうちに親子三人、これまたなんだかハンサムなテーブルの前に腰をおろし、試飲会の始まりです。

tea2.0411806
まずお茶葉を急須に入れて、お湯をそそぐ。このハンサム・テーブルの中央は、お茶が捨てるように仕立てられていているので、その中にお茶を捨てる。それと同時に、熱いお湯をはったボールの中に、小さなお猪口ぐらいの湯のみ(『茶杯』というのかな)を入ます。それをピンセット(!?)で取り出し、急須の中からお茶を注ぐ。ここで試飲かと思いきや、またそのお茶は捨てられ、あらたに熱いお茶がそそがれて、これまたピンセットで次々、わたし達三人の前に並べられました。


一番上の写真の、色の濃い方がプアール茶、そして薄い方がウーロン茶。これを飲み比べていくのだけれど、試飲は1回きりじゃない。飲み終わると、またそそがれて、色や味を比べていくのです。2煎目は1煎目に比べると、色が濃く出ていて、味わいも強い。3煎目、4煎目、5煎目...と、いったい何杯飲んだのか、仕舞にはわからなくなってしまいました。

試飲させていただいたのは、お店の中でも高価なものでした。なんでも価格の低いものは、色も味もすぐになくなってしまうので、こんなに何回も入れることはできないそうです。(その価格の低いものの試飲はしなかったので、どのくら違うのかは不明です...)

jasmin041806試飲しながら気になったのが、ジャスミン茶。これまた価格は様々で、写真のジャスミン茶は、1パウンド(453.6 グラム)が95ドルのもの。ひとつひとつまん丸で可愛らしい。これより価格の低いものは、こんな風にまん丸にはなっていなくて、見た目にこれはジャスミンだとすぐわかる。入れ物の蓋を開けるとこのきゅっと閉まったまん丸ボールは、鼻を近づけないとあまり香りがしないけれど、価格の低い方は、入れ物の蓋を取った瞬間に香りが広がります。


jasmin2.0411906このまん丸ボールは、お湯を注ぐとふわっと広がって、その爽やかで優しい香りと味わいを充満させます。これまた何煎入れても、とっても美しい味わいがして、その度毎に違った香りが口の中に広がり、後味がこれまたよし。急須の中のジャスミン茶を見せもらうと、細長い茶葉がありました。なんでもこれが上質の証拠だとか。


お茶を購入する予定で覗いたのではないけれど、お店を出るときには、プアール茶とジャスミン茶を手に入れて帰ってきました。美味しいものを試飲してしまったので、手に入れたのもその美味しい方。

帰ってから、またまたお茶を嗜む我が三人。日本の湯のみは大きいから、なんだかガブガブのんでいるみたいで情緒がない。来週には茶器が入荷するといっていたから、また覗いてみなくては。小さく可愛らしい中国の茶器セットが並ぶ日もそう遠くない気がします。

banner
スポンサーサイト
[食生活と素材] 雑記 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
なるほど・・・
私はジャスミン茶とプアール茶が好きです。
プアール茶は脂肪を溶かしてくれるそうで・・・
脂っこいものをたべたあとのお茶っておなか
をすきっとさせてくれますよね。
こんにちは。昔中国映画で飲食男女と言うのを見ました。現代的中国父子家庭の話。話は長いので省略。その映画で私は初めて中国の喫茶店で中国人が中国茶を飲むシーンを見てたまげました。なんだか小さな急須を丸ごとコポンと大き目の湯飲み状の器にうつむきこむように入れてしまうシーンがありました。そこから飲んでいたか、そこからまた湯飲みに注いだのだったか・・・。ともかくお作法が面白いと思ったのを思い出しました。おいしい中国茶は本当にすばらしい香りですね。そういうお店がこっちにも出来たらいいのに。
◆ ちゅーちゅーの母さんへ
ダイエットになるかは別として、お茶を飲むとすっきりしますよね。
ここのところ毎日、飲みすぎというくらい、このプアール茶とジャスミン茶を楽しんでいます。
この調子だと、このお店のお得意さんになってしまいそう。
◆ Hummelさんへ
こんにちは。
急須や湯のみを温めるということでは、同じ原理なのかもしれないけれど、お茶の作法は、まったく日本のものとは違うようですよね。見ているだけでも、面白い。
中国では、喫茶店でも自分で入れながら飲むんですね。地域ごとでもいろいろ違うのかな!?大きな湯呑みの器から飲んでいたのか、少し気になるところ。
ドイツには、中国からの移民の方は少ないのですか?
中国茶は当分、我が家ブームになりそうな気配です。
いいですねぇ~
こんにちはアリーシャさん♪
ここ数日はお天気が良くって気持がいいですねぇ~。

さて、中国茶。
数年前に香港に行ってから母と中国茶にドップリはまってしまいましたよ(笑)
茶器もお茶によって揃えたりして…可愛いですよね、小さかったり絵がきれいだったりして。
全て日本の実家に置いて来てしまったけれど、アリーシャさんの記事をよんで恋しくなっちゃいました♪
私もそのうちまたアメリカ用に揃えてみようかなぁ~。
中国茶
私はもっぱらジャスミン茶を戴いてますが
(それくらいしか分からないのが正直なところ、笑)
極上の茶葉って、やっぱり香りが違いますよね。
以前、贈り物でかなり高価な茶葉を戴いて、それを飲んだら
舌が肥えちゃったみたいです。苦
そちらは、まだまだ寒そうですね?コロラドも去年は5月に
ドカ雪が降ったそうですから、油断は出来ません。
でも、雨すら降らないこの乾燥地帯、どうにかしてほしい、、、
我が家も、まだまだ苗はおうちの中です。怖くて外へ出せませんが
かなり伸びてきてるので、どうしたものか、、、
はやくからっと晴れていいお天気になるといいですね。
◆ SACHIさんへ
昨日の青空と暖かさ、気持ちが良かったですね。
と思ったら、今朝は雨。もう少ししたら、太陽が出てくれるのかなとちょっと期待です。

ずいぶん前になるけれど、わたしも母と香港に行った時は、いろいろと買い込んできました。あのお茶のセットは、今はどこにあるのだろう?
手頃な価格でいろいろ揃えられそうなので、ちょっとショッピングしてみようかなと思っています。
◆ ユキティさんへ
そうそう、高価なお茶は香りが違いますね。
それを飲んでしまうとね、なかなか他の物には移れないのわかります。
今回手に入れたのも、かなり高価なものだったので、もう他のものには移れないかもしれない...。
5月のドカ雪はやめてぇ~という感じだけれど、雨くらいは欲しいですよね。オレゴンのお天気を少し分けてあげたい!
この雨のおかげで、緑が沢山だから、あんまり文句いっていたら、いけないかな。でももう少し暖かくなって欲しい。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。