スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ルバーブ

2005/03/09 Wed 09:05

さてさて昨日の《ガーデン~ルバーブ編》に引き続き、今日はルバーブという植物についてです。利点がいっぱいと予告しましたので、まずそこからスタートします。


rhubarb030905.50.jpg

今日のルバーブはこんな感じ。ここからグイッと成長がはじまります!


ルバーブは、植物繊維、カルシウム、ビタミンCがとても多く含まれています。緩やかな整腸作用やコレステロール下げる効果、利尿、抗炎症、抗菌があることが知られています。また、アルカリ性なので、お腹にも優しいです。便秘に効果あり、ということですね。とはいっても、緩下作用があるともいわれていますので、あまり大量に食べ過ぎないようにしましょう。根っこは、漢方薬として使われています。

ところで、どこの部分を食べることができるかというと、葉の下の茎のように見える葉柄の部分です。葉はシュウ酸(有毒)を多く含むので、食用には向いていません。ただし葉柄部分にもシュウ酸は含まれていますので、特に腎臓結石、あるいは尿路結石胆石などの方は召し上がらない方がよいかもしれません。

英名: Rhubarb
rub04.jpg

学名: Rheum rhabarbarum
和名:ショクヨウダイオウ
科: タデ
属: レウム(カラダイオウ)
原産地: シベリア南部
高さ: 1~2m
開花: 5月から7月くらいまで
収穫期: 2年目から順次(1年目収穫に向かない)

育て方のポイント


● 日当たりのよいところを好みますが、夏の暑さにはあまり強くないので、1日中日があたるところはさけたほうがよいかもしれません。
↑上の写真のようにフェンス(南側)の近くに植えているため、ある程度の日当たりと日影が1日の中で自動的に調整できているます。今のところ問題なしです。

● 株が大きくなるので、なるべく広いところで育てる。株と株の間は1mくらいは離した方がよいでしょう。

● 種子から育てる方法と、株分けで殖やす方法とがあります。
↑園芸店で苗を買いました。種からは試したことはありませんが、ルバーブは多年草なので、毎年きちんと育ってくれます。株分けでふやすこともできるので、元気な苗を買い求めた方てスタートしたほうがよいのでは?

● 水は普通程度。あまりあげすぎないこと。
↑夏場は朝(気温が上がる前)と、夕方(少し涼しくなりかけた頃)に2度あげます。冬場はまったくなにもしません。

● 水はけが良く肥沃な土が適しています。植え付ける場所にはあらかじめ堆肥や腐葉土を混ぜ込んでおきましょう。
↑もちろん自家製腐葉土使用!

● 収穫は10月末まで。
↑10月末頃収穫ものもは、水分も少なく繊維質が目立つようになり、風味がとても悪くなります。夏までに収穫したものとは、比べものになりません。
どんなにたくさん食べたくても、収穫のしすぎは厳禁!全体の50%くらいは、残しておくようにしましょう。それでもかなりの量が収穫できるはずです。
また、1年目の苗からそだったものの収穫は控えましょう。


● 冬場は葉がすべて枯れ、生育しなくなります。
↑ダメになってしまったの?という心配はご無用。冬眠中と思い、どんと構えていてください。寒さには強いので、特に何もする必要はありません。春になれば、元気良く葉っぱがでてきますよ。


と、こんな感じです。我が家で育てているのですから、ご存知の通り簡単に育つ植物(ハーブ)です。興味がある方は、育ててみてくださいね。

昨日のジャムも大好きだけれど、ベリー好きとしては、ラズベリーやブルーペリー入りのルバーブ・パイは見逃せません。またルバーブの水分で、程よくしっとりしたルバーブ・ケーキもお薦め!肉類の、付け合せにもなりますね。今年は何か違う食べ方も、みつめられたらいいなと思います。


+++++++++++++++++++++++++++++++++


今日も読んで頂いて、ありがとうございました。
クリックひとつ、いつも応援ありがとうございます!さっ明日も頑張ろうっと。20050301155237.gif


スポンサーサイト
[ガーデン] ハーブと植物 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんにちは。日本は梅雨の合間の晴天です!今日は30℃位まで気温が上がる模様。。さて、昨日買い物していたらルバーブの苗を見つけて購入してきました。家はプランターでしか育てられないので少々不安ですが、頑張って育って欲しいです!質問:1年目の苗から育てたものの収穫を控えた方が良い理由は何ですか??
◆ kさんへ
こんにちは。
今年は、から梅雨なのかな?でもまだこれから、今のうちに晴天を楽しんでください。

どのぐらいの大きさの苗を購入したのかわかりませんが、わたしの少ない知識からお答えします。なぜ1年目からの収穫を控えた方がいいかというと、まずきちんと株を育てることがルバーブのために大切だからです。上では1年目と書きましたが、2年目もあまりたくさん収穫しないほうがいいです。だから本格的にに収穫できるのは、3年目からということになります。
そして、プランターで育てるということですが、株はご存知のようにかなり大きくなります。じか植えの場合、3年もたつと30センチ以上になるはずです。ちなみに現在の収穫期、家の庭では1.5メートル以上の場所をとっています。やはり大きく育たないと、収穫できる量も限られてしまいます。冬場は、地表にでていないので小さく感じるかもしれませんが、地下で力強く育っています。
鉢植えで育てた経験がないので良くわかりませんが、かなり大きな鉢を用意しないと、根が詰まってしまってしまうのではないかな。頑張って育ててね!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。