スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

4ヶ月検診

2008/01/08 Tue 19:14

昨日、AKの4ヶ月検診に行ってきた。アメリカでは、病院を退院してからの2週間検診以後は、2ヶ月検診、4ヶ月検診と2ヵ月ごとに検診を受ける。

体重、身長、頭周りを看護婦さんが測ったら、ドクターがやってきて、きちんと発育しているか、足を曲げたり伸ばしたり、後ろにひっくり返されたり、耳を覗かれたりと、ぐるぐると検診を受ける。そしてその後に、予防注射をブチブチと打たれて、大泣きをして終了。

注射を打たれたとき、どんな風に痛いんだろうと不思議になる。確かに大人だって注射を打たれれば痛い。痛いだろうと思って打つから、なおさらいたい気がする。でも赤ちゃんは、これから注射を4本も打たれるなんて、分からないわけだし。『注射=痛い』という関連性はまだないと思う。打たれた瞬間に、これでもかというほど真っ赤な真っ赤な真っ赤な顔になる。顔が爆発しそうなくらい赤くなってしまう。そして泣く。泣いてもすぐに泣き止んで、普通の顔の色になるから、打たれた瞬間の痛み。でもあの真っ赤な顔をみると、こんなに沢山注射を打たれて可愛そうになる。
昨日、デーケアーに迎えに行ったとき、拭いてもらったみたいだけれど、鼻の周りが汚れていた。そういえば、今朝、起きたときから少しだけ鼻がつまっていたから、また鼻かぜをもらったかなくらいに思っていた。

デーケアーには、いっぱい赤ちゃんや子供がいるわけだから、いつもひとりぐらいは、鼻をグスグスしている子がいる。いまどきこんな子がいるものかというほど、ものすごい青っ鼻を垂らしている子がいたりもする。最初はギョッとしたけれど、人間というのは慣れてくるもので、「風邪をもらってくるなよぉ、わが息子」と思うようになる。でもやっぱり、もらってしまう。

ということで、昨日もすでに風邪をもらっていたみたいで、夜になったらかなりぐったりしていた。デーケアー2日目にしてもらってしまった、一番最初の鼻風邪は、鼻詰まりだけで、いつものとおり、ニコニコ笑っていた。AKは、本当にニコニコ良く笑う。それが昨日は、あんまり笑わない。「ママ、笑う余裕なんてないよ…。僕はつらい…」と喋れたら言いそうな感じだった。

熱もでてきた。薬を飲ませて休ませたけれど、朝になってもよくなっていない。いやもう少し、悪くなっていたから、デーケアーはお休み。わたしも、AKを連れてオフィスへ行って、ファイルとコンピュータをピックアップして、自宅に戻って仕事。

注射の前に、ドクターにはちょっと風邪っぽいって伝えたけれど、そんなにひどくなさそうだからって、ブチブチって打たれた。これって本当に良かっただろうか?と今は疑問な母です。
スポンサーサイト
[Our Boy]子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。