スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
salad031805.50.jpg



実際のところわたしはベジタリアンではないのだけれど、それに近い生活になっています。毎日必ず食べるのが、大量のサラダ、飛行機の機内食も必ずベジタリアン用をリクエストしているし...。下で説明するけれど、ペスクタリアンというところでしょうか。ときどき、オールモスト・ベジタリアンかな。

それではなぜベジタリアンではなく、"それに近い生活"なのかというとこんな具合。以前に一切動物性のものを食べないという時期があったのですが、まったく何も考えずに突っ走ったばかりに、極度に体力がなくなり、体の調子がわるくなったからです。きちんと栄養のバランスを考えながら、そういった生活をすればまったく問題はないのですが、そのころのわたしは今とは違い、外食ばかり。まったく不規則きわまりないものでした。結局、食べるもの(食べられるもの)が、ほとんどなかったのです。これじゃ、体こわすのは当然。そうしてまた、動物性の食品も摂るようになりました。
ベジタリアンとひとくちに言っても、幾つかの種類があるのはご承知の通り。ちなみにベジタリアンというのは、ラテン語 の"vegetus(健全な、新鮮な、元気のある)"という言葉からきています。

● ビーガン(Vegan)--- 完全菜食主義で、動物の肉(鳥肉・魚肉・その他の魚介類)と卵・乳製品をまったく食べない人たちのこと。ビーガン団体では、ほとんどの場合、蜂蜜も食べない人たちのことを定義しています。イーストを使った食べ物も食べない場合もあります。また食べ物だけでなく、皮製品・シルク・ウール・羊毛油など動物製品も身に付けない人もいます。

● ラクト・ベジタリアン(Lacto-Vegetarian)--- 植物性食品とミルクやチーズなどの乳製品も食べる。

● ラクト・オボ・ベジタリアン(Lacto-Ovo-Vegetarian)--- 植物性食品とミルクやチーズの乳製品と卵も食べる。

==========================

● フルータリアン (FRUITARIAN)--- 植物を殺さない食品のみを食べます。これを説明するのは、わたしには理解がたりなすぎて難しい。どうもこういうことらしいのです。果実(りんごやブルーベリー)は食べます=なぜなら果実をとっても木を殺さないから。にんじんや大根はたべません=なぜならすべてをとってしまい殺してしまうから。

● ペスクタリアン (PESCETARIAN)--- 植物性食品とミルクやチーズ、卵、魚介類も食べる。工場方式の農場による食品を避ける人も、ここにあてはまります。

● その他に、魚介類のほかに鶏肉などを食べる人たちは『ほとんどベジタリアン』ということで、デミ・ベジタリアンとかセミ・ベジタリアン、オールモースト・ベジタリアンなどと呼ばれています。

★上記以外にも、いろいろな呼び方があります。東洋系のベジタリアンでは、ゴクン(五葷)を食べないというのもあるし...ちなみにゴクンとは、ねぎ・にんにく・あさつき・らっきょう・にらのことです。

昨日、Veggie Burgersのことを書いてから、もう1度きちんと食生活の整理をしてみようかなと思いました。こんなのないけれど、目指すは"オールモスト・ラクト・オボ・ベジタリアン"です。だからときどき、魚介類は食べてよいことにしておきます。環境問題や動物愛護などの見解から、ベジタリアンの生活をしている人がいます。とても立派なことだと思いますが、わたしはもう少し肩肘はらずに、自分の体が軽くなる気がするのでそう思っているだけです。だからこうやって書いているのは、ベジタリアンのすすめでもありません。

食べ物って生きていく上で、絶対に必要なものですよね。だからこそ、自分が気持ちよいもの、体が欲しいと言っているものを生活の中に取り入れていくのが一番。そうすれば、きちんと肥やしになってくれる気がします。偏ったり、間違った選択をしてしまえば、悪い肥やしにもなってしまうのが恐いところですが...。

昨日の夜、ふと思ったことがもうひとつ。昨日までよいといわれていたものが、今日発表された研究結果では、悪いものになっていたりしますよね。日々、いろいろな面から研究されているのだから、違う見解や結果が出てきて当たり前なんだけれど「じゃあどこまで信じればよいの???」というわたしに、すんなり夫が「偏らず多くの種類を食べてれば問題ないんだよ」と結論だしてくれました。目指せ1日30品目。これって大変だけど、頑張ってみようかなと思わせる言葉でした。



もしも動物の肉類からタンパク質を摂取しない場合、豆類などから摂らなくては不足してしまいます。ちなみに、肉や魚で取れる100gのタンパク質量は、大豆製品から摂る場合、木綿豆腐1/2丁、凍り豆腐1個、ゆで大豆カップ1/2を2種類組み合わせた量だそうです。


今日も読んで頂いて、ありがとうございました。
クリックひとつ、いつも応援ありがとうございます!さっ明日も頑張ろうっと。20050301155237.gif



スポンサーサイト
[食生活と素材] 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
またまた美味しそうですねぇ。
写真、凄いキレイに撮れてますよ!まるでお料理の本みたいに。

もし宜しかったら、ドレッシングのレシピを紹介して頂けると嬉しいな、なんて…。和風もイタリアンもシーザーもどんな種類のドレッシングも好きです。もともと料理が苦手な私なんですが、自家製ドレッシングが今一歩なんですよね、いつも。
美味しくサラダが食べたい!
◆ akistlさんへ
そういっていただけると、ほんと~に嬉しいです。ありがとうございます♪

あっ、そして嬉しいご提案!もちろん。
わたしが作るドレッシングはシンプルなものばかりですが、市販のものを買うことがないので、何かよいのが見つけられるかもしれません。調子にのって、サラダのレシピばかり書いてしまいそうな気が...。Thanks again.

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。