スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
mint040505.50.jpg



毎年ほっておいてもでてくるハーブが、この写真のスペアミント、それからペパーミント、レモンバーム、カモミール、ラベンダーです。ラベンダーを抜かすと、その他のハーブはどんどん広がってしまうのが悩みの種。

ハーブ・ティで飲むだけでは、あまってしまうから夏場はカクテルに使ったりします。そこでどんなカクテルに変身させるかというと、例えばモヒート(Mojito)...
これは、キューバのラム・ベースのカクテルです。ヘミングウェーのエピソードで有名なカクテルですね。ミントの葉っぱと茎とたくさん使って、ミントの爽やかさが夏場にぴったりのカクテル。

●モヒート(Mojito)の作り方 ●

 * レモン・ジュース(ライム・ジュースでもOK)、シュガー・シロップかお砂糖とミントの茎と葉っぱをちぎってグラスに入れてつぶすような感じでまぜる。ここでミントの香りを充分出すようにするのがポイント!

 * そして氷とクラブソーダー、ラム酒を入れて出来上がり。



さて、どんどん広がってしまうハーブたち。広がり過ぎないようにするには、植木鉢を使うのが一番ですね。鉢の中にハーブの苗を入れ、その鉢を半分から2/3程度、土の中に埋めてしまう。このスペアミントは、友人からスターターをいただき、この方法で育てています。だから広がってしまう問題はありません。またミント類は、違う種類を近くに植えて育ててしまうと、交配が勝手に行なわれてしまって、違う種類のミントが出来上がってしまいます。この方法で育てれば、その心配もなく安心です。

我が家の庭で、一番の問題児はレモンバーム。これは、わたしがこの家に引っ越してきた時にはすでに庭にあって、フェンス沿いに、それはたくさんのレモンバームが夏になると生えてしまうのです。いくらハーブ・ティや料理に使っても、とうてい使いきれる量ではなくて困ってしまいます。毎年、せっせと引っこ抜いているのけれど、それでも広がるし、余るほどのレモンバームが収穫できてしまう。そういえばレモンバームは、鼻づまりなど不快な症状を緩和する効果があるので、花粉症に効くそうです。なくなってしまったら寂しいけれど、もう少しおとなしく育ってくれればよいのになぁと思ってしまします。

ハーブは強い植物だから育てやすいのはわかっているけれど、カモミールもどんどん育ってくれるハーブ。日本に行ったとき、空き地いっぱいにカモミールが咲いている場所がありました。「あらら、ここでもどんどん育ってしまったんだな」とひとりごと。昨年落ちた種から、新しい芽がでてくれます。こんな我が家では、ハーブ・ティは買う必要がまったくありません。

ハーブを使った、モヒートみたいなカクテルのレシピ募集中!
『これお薦め!』なんていうのあったら、教えてくださいね。せっかくのお庭で育ったハーブを無駄にしてしまうのはもったいない。「ハーブを使って、夏場の熱さをほどよいアルコールで癒せたらなんだかとても幸せな気する♪」と今から夢みているのです。


今日も読んで頂いて、ありがとうございました。
またきて下さいね! Thanks
20050301155237.gif


スポンサーサイト
[ガーデン] ハーブと植物 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
こんにちわ、Jessicaさん♪
うちの実家の庭にもミント系がびっしりと夏場になるとはびこってます(笑)
勝手に配合されてしまうのは知らなかった…どうりで植えたはずも無いようなミントたちがいたわけだ。

で、庭はミントやバーム系ばかりなのに、実は生葉を使ってのハーブティーがうまくできない…というかよく分からなくて。結局お店で乾燥したものを買う羽目に…。
今年はアメリカでミントを植えたいので、これを使ってハーブティーもしたいし。
美味しく入れる方法を教えてくださ~い!

◆ Sachiさんへ
こんにちは♪

そういえば、スペアミントと信じて買ってきたミントが、実は交配が行なわれてしまっていた、違うミントだったなんてことがありました。ほんとうにガックリでした。
ちゃんと『スペアミント』って、ラベルもついていたのに...。

ところでハーブティ。
特別なことをしているわけではないので、実は美味しい入れ方なんて意識したことがないのです。
でも、どうやって毎年楽しんいるか、あとでちょっと書いてみますね!
皆さんミントは簡単っていうのですが私はすぐに枯らしてしまいます。気をつけてお水をあげるようにしているのですが・・。
違う種類と交わらないようにそれぞれ鉢に入れて育てているのですが、鉢が小さすぎるのかしら・・・。大きな鉢に寄せ植えしてる時は上手くいったのだけど、訳わからないハーブが生まれてしまったので小さい鉢に個別で育てるようになってからダメになるようになってしまいました。

そうそうラベンダーと西洋オダマキの芽がでてきました!
◆ Tiki さんへ
前にわたしも、少し可愛く育てたいと思って、小さめ(それでも結構大きかった気が...)の鉢で育てたことがあったのですが、すぐに根が一杯にはって、下の穴の部分からもでてきてしまいました。その頃少し元気がなくなってきたので、可愛げのない大きな鉢に植え替えた記憶があります。小さい鉢だと、すぐに根詰まりをおこしてしまうかもしれませんね。
この写真のミントも、いただいたいた時(昨年のJuly 4thの頃)は、葉っぱを使い切ってしまった根っこひとつだけだったのですが、数週間のうちには、鉢一杯に広がってしまいました。

やった!ラベンダーと西洋オダマキの芽が出たんですね。よかったですね。
ラベンダーらしき芽は、やはりバジルだったのですか?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。