スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
brunch041105.50.jpg



ハッシュ・ブラウン、ソーセージ、目玉焼き、パンケーキと、いつも同じようなメニューになってしまう日曜日のブランチ。「どうしていつも、おなじものばっかりなの」という声があがってきそうだったので、昨日は目先を変えてラズベリーとブルーベリー入りの『berry-berryマフィン』とスクランブル・エッグにしてみました。...
昨年のクリスマスプレゼントに、義理の妹からのプレゼントが『マフィン・マジック』というマフィン・メーカー。まさに魔法のようにアッという間にマフィンを焼き上げてしまう。コンセントにプラグインして、すぐに熱くなって焼ける状態。オーブンの予熱をするのを待ちきれないわたしとしては、この"すぐに焼いてOK"というのが、まさにうってつけ。まぁ、簡単に言えばホットプレートのようなものですが...。
mufm041105.jpg

1回で3つしか焼けないので、さすがに大量のマフィンを焼くときには使えないけれど、朝食分のマフィンを焼くのが苦にならないという便利グッズなのです。

ラズベリーは、去年の夏収穫したもの。きれいに洗って、水気をよ~く切ってジップ・ロックの袋に入れて、冷凍庫の奥の方に入れて(開け閉めしてもなんとなく温度が安定して低そうな気しただけです)冷凍しておいたけれど、いまだに冷凍庫焼けなどしてないし、味も問題なし。まだまだ、おいしい!でも、今あるのが最後の一袋。早く今年の分が収穫できないと、なくなってしまう。「頑張れ~、庭のラズベリーたち!」と、昨日も応援してきました。そうそう、もうすぐ開花しそうな感じです。

ベリー・マフィンを作る時に必ず入れるのが、オレンジの皮を刻んだものとそのオレンジを絞ったジュース。これは"わたしマフィン"には絶対に抜かせない材料。ベリーの風味を高めると思います。

作り方は、小麦粉、ベーキング・パウダー、お砂糖、オレンジの皮を刻んだものをボールに入れ、泡だて器でよく混ぜる。そこに卵、牛乳とヨーグルト(またはバターミルク)、オレンジ・ジュース、オリーブ・オイルをよく混ぜたものを流し込み混ぜる。粉っぽさがなくなるように混ぜるだけで、あまり混ぜすぎないように!そしてラズベリーとブルーベリーをいれてマフィン・バターの出来上がり。あとはこんがり焼くだけです。

バターを使っていないので、軽いさっぱりした仕上がり。しっとりバター風味がお好きな場合は、オリーブ・オイルをバターにかえて作ってください。


今日も読んで頂いて、ありがとうございました。
クリックひとつ、いつも応援ありがとうございます!さっ明日も頑張ろうっと。20050301155237.gif



ベジタリアンOKレシピ


スポンサーサイト
[たべもの ] ブレッド&ベーク | コメント(2) | トラックバック(1)
コメント
お洒落で美味しいブランチ♪
ウットリ~♪お写真。手作りとは思えないお洒落さ。素敵なカフェでのブランチ、って感じですね。ラズベリーとブルーベリーの色がまた美しい。私だったら「いつも同じものばかり」なんて思わずいつでも大喜びで食べちゃいますよ~(^^)
「マフィン・マジック」という物があるのは初めて知りました。料理が得意でない私みたいな人間には、こういう物が一つあると便利かも。こんどお店で見てみようっと。
◆ akistlさんへ
そういっていただけると嬉しい。ありがとうございます♪
akistlさん、食べにきてくださいよ。実はすでに「同じものばかり」といわれていたのです。
「マフィン・マジック」は、少人数のお家にはもってこいです。お薦めしちゃいます。
そうそう、self-rising flourを使えば、ベーキング・パウダーを計る手間が省けて、もっと手軽にマフィン作れちゃいますよ!

管理者のみに表示
トラックバック
アメリカブログポータルサイト「じゃぶろぐ」!ブログアフリエートならhttp://www.laffiliate.com/ じゃぶろぐpingサーバもよろしく。http://www.ja-blog.com/ping/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。