スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
pasta042805.50.jpg


最近、食べ物の写真を撮っていると、無意識のうちに近寄りすぎて、ピンぼけ写真ばかりになってしまう。だから肝心なものが、ちっとも写真の中に収まってない。本当は、新しいもっと接写に耐えられるカメラが欲しい...。これも『グリーンとパスタ~』なんていっても、確認できるのはパセリしかないじゃない。本当は、ケール、スイス・チャード、タンポポの葉っぱも入っていて、飾りにパセリを飾っただけなんだけどなぁ。

こういうあっさりめのパスタを食べていると、最後の方にはパスタの味が勝ってきて、つまらない味になってしまうような気がするんだけれど、そう思う人ってあまりいないのかな?それをこのパスタは打ち破ってくれました。われながら大満足。勝利の秘訣はなんだろう?それは、ガーリックチップスとブルーチーズ!

パスタ料理を作るときは必ず、オリーブオイルでガーリックの香りだしをするんだけれど、そのあとそのままソースを作ってしまう。そうすると、せっかくパリッとしていたガーリックが、ソースをすってしんなりしてしまった上に、その味と同化してしまっていた気がする。気はしていたけれど、本当は作っているときそんなことは考えていませんでした。

ただ単に、大好きなチップスをカリカリっと食べたかったのです。だから香りだしをしたあと、キッチン・ペーパーの上にのせてよけておいただけ。でもその単純さが、このレシピの産みの親。そのあとに、ガーリックの香りが充分入ったオリーブ・オイルに細く切った赤唐辛子を入れて、玉ねぎのみじん切りをまず炒める。玉ねぎがしんなりしてきたところに、上のグリーンを炒めてみました。味付けは、パスタのゆで汁に塩、コショウ、ちょっとだけたまり醤油。味見をしたら案の定、単一的な味。ようするにシンプルすぎる味だったのです。もっとコンプリケート(複雑)な味にしたいと、冷蔵庫をのぞいてみたらブルーチーズを発見。これは絶対いける!と、出来上がったソースにパスタをからめて器に盛って、ブルーチーズ、ガーリックチップスを振りかけて出来上がり。

最後まで、しっかり味がしてあきないけどあっさりパスタ。メイン・デッシュとしてもいっぱい食べられるけれど、付け合せにもいいかもしれない。たいしたことじゃないけれど、大発見をした気分で幸せ。といいながら、わたしの料理には、ブルーチーズとガーリップチップスはよく登場しているのでちっとも新しい発見ではない!?

今日も読んで頂いて、ありがとうございました。
クリック↓ひとつ。いつも応援ありがとうございます!
20050301155237.gif
さっ明日も頑張ろうっと。
スポンサーサイト
[たべもの] パスタ・麺類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
知ってますか?
こんにちは!
このビールは、そちらでみかけますか?
◆ yasuさんへ
こんにちは。
後ほどそちらにうかがって、ビールを拝見させていただきます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。