スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

出版の夢はかなく破れる

2005/05/01 Sun 06:54

marketnote0430052.50.jpg


キッチンでレシピを確認したりすると、ページが汚れてしまったりするのが気になって、このスケッチブックがいつのまにか台所の友に。それからバインダー式なので、ページが開きやすいのもいいところ。料理をしていて気がついたことや、雑誌や料理の本などで興味ををもったことは、まずこのスケッチブックに書く。そして必要な時に開いて、確認してみたりします。いっつも新しいスケッチブックを手に入れると、今度こそは少しはきれいなままで、丁寧に字を書いて、スケッチしたものに色をつけよう、などと考えるものの、それも最初の数ページのみ。そのあとは走り書き、ボールペンや鉛筆でスケッチした、なんとも味気のないものになっていってしまいます。


さて、その隣のポストカード。昨日、郵便受けに届いていました。いつも行くファーマーズ・マーケットからの葉書なんだけれど、裏には来週の土曜日からマーケットがオープンしますというお知らせ。表には上のとおり、違ったお知らせが書かれていて、ちょっとガックリなのです。

というのは、昨年「クック・ブックを作りますので、あなた自慢のレシピを募集中!」というのをマーケットのブースで発見。これはだすしかないでしょっと、あれがいい、いやこっちのほうがいいと家族会議の結果、ズッキーニとハーブを使った自慢のレシピをだしてみたのです。次の年、ようするに今年のマーケットで、選ばれたレシピは本として販売されるはずだったんだけれど、どうやら予算が足りなかったみたいで先送り。その代わりに、別の料理の本をこの葉書を受け取った人には5ドル引で販売するそうです。本販売の利益で、来シーズンに出版しようという試みなんですねぇ。

実は密かに、わたしのも選ばれるかもしれない!と期待に胸を膨らましていたわけです。わたしのレシピがはじめて出版されるかもしれない~、そうしたら数冊買って、両親や親戚にも送りつけてしまおうなんていうたくらみは実現ならず。といってもひとつしかだしていないし、さんざん悩んだ割にはシンプルなレシピ。目新しいようなものでもないから、選んでもらえるかもわからないんだけどね。

葉書の5ドルの割引がないと、料理の本は19.95ドル。果たしてどんな本なんだろう?写真とかなくて、文字だけでレシピが並んでいたら、この値段をだしてどのくらいの人が買うのだろうか。わたしは買わないだろうなぁ、きっと。これで利益が少なかったら、また先送りになってしまいそうな予感。えぇ~っと、そのうち企画倒れ???

といいながら、今年も募集していたら、もっといっぱいだしちゃおうっと。そうすれば、また来年への夢もみられるし。そのうち、「どのレシピがいい?」なんていうアンケートがこのブログに登場するかもしれないので、その時はよろしくです。


目指せ料理の本初出版(笑)でクリック→20050301155237.gif
さっ明日も頑張ろうっと。

スポンサーサイト
[生活の中で] いろいろ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。